シェゲ平の月収172000円ブログ

もう二度と後悔しないためにできる、たった1つの方法。

 

今寝る寸前だったところから、なんとか布団から這い出てこのブログを書いています。

というのも、2ヶ月前に『小さな習慣』という素晴らしい本を読んでから、

 

【今日から66日連続で、毎日100文字はブログを書く】

 

と自分の中で決めたんです。

66日というのは1つの行動が習慣化するまでの平均日数と言われているからです。

そして今日まで、「毎日100文字」をやらずにうっかり寝てしまった日が2日ありまして、2回失敗しているのですが、危うく今日3回目をやりそうになったんです。

それで今こうして寝る寸前からブログを書いているんですけど、ふと、そういえば僕の人生「もっと早くやっとけばよかったな」と思ってばっかりだなと思いました。

 

小学校の夏休みの宿題から始まって、中学時代のテスト勉強も、将来を考えるのも、夏前のダイエットも、仮想通貨投資も、全てもっと早くやっておけばよかったなぁの連続です。

という事は、何かを変えない限り、きっとこの先も「もっと早くやっておけばよかったなぁ」と思い続ける人生になる可能性が高いですよね。

そこで、今までの経験を生かして先手をとっていこうと思っています。

僕はよく「これ5年前からやってたらとんでもないことになってたな」と思うことがあるので、5年後の僕が「もっと早くやっておけばよかったなぁ」と思うであろう事を今からやってやろうと思うんです。

5年後の僕が「もっと早く…」と後悔してそうなことを想像すると、結局今と一緒で、

 

・筋トレ

・勉強
・新しいことを何でも試す

 

の3つだと思うんです。

小学生から現在、未来まで、ほぼ変わらない後悔をしてますね。

ということで、もう二度と後悔しないためにできることの答えが出ました。

それは、

 

『今後悔していることを今からやる』ですね。

 

今後悔してるようなことはきっと未来の自分も後悔してるんで、今から始めるので全く遅くないんじゃないかなと最近はよく考えます。

「でも今から始めてももう遅いよな…」

って言い訳は散々やってきたんで、そろそろ飽きてきた感もありますし、

25歳の時に「今からじゃ遅いか」とかって色々諦めてた僕を、今30歳の僕は顔が赤を通り越して浅黒くなるまで往復ビンタしてやりたいですし、

多分35歳の自分も今の自分にそう思うに決まってるんですよね。


やっていきましょう。

LAMY 2000という高級4色ボールペンが見た目も機能も超オシャレでおすすめです

LAMY(ラミー)2000という四色ボールペンが使っていてかなりいい感じです。

f:id:yoheitech:20180608144322j:plain

定価は1万円以上するので、ボールペンにしては割と高級な物ですが、今Amazonでは6000円以下で買えるので、かなりお得でした。

四色とは思えないシンプルでかっこいい見た目

どうですかこのシンプルイズベストな見た目。

f:id:yoheitech:20180608144405j:plain

四色ボールペンで、ここまでシンプルでかっこいいものは初めて見ました。後で書きますが、機能も超オシャレなんですよ。

f:id:yoheitech:20180608142820j:plain

このパッと見ただけではわからない接合部もかなりかっこいい。

ラミーすごいな。

f:id:yoheitech:20180608142919j:plain

クリップの部分もスタイリッシュでとてもかっこいい。

f:id:yoheitech:20180608150101j:plain

さらに名前についている「2000」という数字の意味がカッコ良くて、1966年の発売時から、「西暦2000年台になっても色褪せないデザイン」という意気込みの元に作られた物らしいです。

それが本当に2018年の今も超かっこいいペンとして有名なのはすごいですよね。

f:id:yoheitech:20180608145601j:plain

完全に一目ボレで購入です。試し書きもせずに。

言うまでもなく、ペンなんて本来は使い心地が1番大事な物です。

しかしペンに限らずですが、僕は本当にタイプな物を見つけたら、これに自分の感覚を合わせてやるぐらいの気持ちで買ってしまいます。

f:id:yoheitech:20180608040354j:plain

そしてそこまで思って買ったものは大抵気に入るという今までの経験則もありますし、レビュー評価もメチャクチャ高かったので安心して買いました。

機能もオシャレで品がいい

色の切り替え方が超オシャレです。

f:id:yoheitech:20180608143608j:plain

振り子式と呼ばれる物で、ペンを横にして、出したい色が上を向いているときにノックするとその色が出るようになっています。

f:id:yoheitech:20180608144646j:plain

青が上を向いている時にノックすると青が出て、

f:id:yoheitech:20180608144731j:plain

赤が上を向いている時は赤が出ます。

そして黒を出したい時は、クリップの部分を上にしてノックします。

f:id:yoheitech:20180608145131j:plain

この機能のおかげで、他の四色ボールペンのようにそれぞれの色用のノック部分をつける必要がなくなって、スタイリッシュな見た目のペンになっています。

LAMY社の替え芯(リフィル)がイマイチ

f:id:yoheitech:20180609120915j:plain

これは替えれるものなので、気にしなくてもいいのですが、最初に入っているラミー社の替え芯のインクの出だしが悪いです。↓

f:id:yoheitech:20180608170739j:plain

出だしにインクが出てこないので、余白で試し書きしてから書き始めなくてはいけないのがかなりめんどくさい。

インクが出始めてからのヌルヌルっとした書き心地は本当に素晴らしいのでもったいないですね。

またこのリフィル(替え芯)を交換するなら、ジェットストリームのリフィルがおすすめという記事を沢山見かけますが、ジェットストリームの替え芯では、ほんの少し大きくて取り付け部分を広げてしまう可能性があるみたいです。

f:id:yoheitech:20180609121245j:plain

(この部分を広げてしまう可能性)

さらに、経年劣化でひどい裏抜けをしてしまうこともあるらしい。

ほぼ日、モレスキン、トラベラーズユーザーはご注意!ジェットストリームは劣化リスクがあります。

なので、僕はパイロットの「BRFS-10F」にしました。

 

f:id:yoheitech:20180609121700j:plain

f:id:yoheitech:20180609121557j:plain

こちらは楽天の10本セットが安かったです。↓

出だしの文字かすれがなくなりました。

f:id:yoheitech:20180609122221j:plain

しかし、それ以外の書き心地はやっぱりLAMYのリフィルの方が断然上です。

悩むところですね。

LAMY2000で四色ボールペンは満足

四色ボールペンはもうこのLAMY2000をもっておけば十分だと思います。

今までは100円ぐらいのボールペンをどんどん使い捨ててたんですけど、お気に入りの一本を使い倒すのも、なんか良いですね。

この満足度でAmazonなら5000円ちょいで買えるのはかなりおすすめです。

そして購入してから知ったんですが、少し高くなりますが楽天の方だと名入れができる物があるんですね。

余計に愛着湧きそうなんで、次は名前入りにしたい。おすすめです。

今朝『服用危険』を読んで、毎日飲んでいたサプリをゴミ箱に投げ入れた話

年間に5000もの論文を読むと言う、健康・ダイエット・栄養などのプロ、「パレオな男ブログ」の鈴木さん。

彼が書いた『服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ』という本を朝からキンドルで買いました。

早速読み始めると、目次に「飲むと体を壊す7つのサプリ」という欄があったので、恐る恐る見てみると、

  1. マルチビタミン
  2. ビタミンC
  3. カルシウム
  4. ビタミンA/βカロチン
  5. フィッシュオイル
  6. ビタミンE
  7. ビタミンB群

とありました。

 

マルチビタミンとフィッシュオイルは半年くらい僕が毎日飲んでいるサプリです。

 

他の章は飛ばしここを読んでみると、詳しいことはそれぞれ読んでみて欲しいのですが、結局、

「体に良いと言う実験結果はほぼ出ていない

「体に悪いと言う実験結果はたまに出る

ということで、

効果がある可能性も体に悪い可能性も低いんだけれど、体に悪い可能性の方が悪いし、すごく悪い可能性もあるからヤメておいた方が無難。

という感じでした。

 

その通りだ!と納得したので半分以上残っていたフィッシュオイルと、ほぼ新品だったマルチビタミンをゴミ箱に投げ入れました。

 

サプリの他にも、薬・健康法・健康商品の真実を次々に暴いてくれる良書なので『服用危険』は一読した方がいいと思います。

 

「磁気が効くと言っているのはメーカーだけ」

というのは笑いました。

とにかく健康方面はどんどん認識が変わっていく分野なので、最先端の論文を読み続けている人が出してくれる情報はどんどん追っていった方がいいと思います。

映画『メゾンンドヒミコ』とガールプール

アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のボーカル、ゴッチのブログを読んでいたら、LA出身の女性二人組バンド『ガールプール』の『123』という曲を紹介をしていた記事を見つけた。

ボーカルの優しい声と温かみのある音と、聞いている間ずーっとなんだか切なくなる不思議さが素敵な曲です。

その切なさが時々たまらなく聞きたくなる1番の理由なんですが、アジカンのゴッチがこの曲の紹介文で、

カズオイシグロの小説『わたしを離さないで』、村上春樹の『ノルウェイの森』、あるいは犬童一心監督の映画『メゾン・ド・ヒミコ』。それらの作品と同じように、人間が抱えて生きて行くしかない根源的な悲しみにタッチしている素敵な曲だと思う。 

http://gotch.info/post/161583719877/

と言っているのを読んで、『わたしを離さないで』『ノルウェイの森』のどちらも大好きな僕は「メゾン・ド・ヒミコも見なあかんやろ」とエセ関西弁で思ったんです。

ちょうどAmazonのプライムビデオで無料で見れたので、早速観てみたんですが、ゴッチの言っていることがすごくわかりました。

メゾンドヒミコで感じる絶対的な悲しさ 

メゾンドヒミコを観て感たのは、やっぱり悲しみや切なさだった。

ゴッチが「根源的な悲しみ」と言っていた理由がわかる。

一言で言うと、

「自分も大事な人もいつか必ず死ぬって超怖いしやってられないよね。でもだからこそ温かいものがあるんだけどさ。でもやっぱり辛いよね。」

ということだと思う。

「人は絶対に死ぬ」というこの世界の唯一絶対なルールは「ちょっと厳しすぎません?」と問いただしたくなるほど辛いルールだ。

でもだからこそ、いつか終わるからこそ、この世界は素晴らしいんだな、となんとかギリギリだけど人は感じることができるよなぁと見終わった後で考えました。

 

そしてオダギリジョーがとにかく美しかったです。

f:id:yoheitech:20180420012500j:plain

 

Reebokの『フューリーライト』がすごく良い。ポンプにこだわりがないなら、かなりおすすめです。

f:id:yoheitech:20180604194546j:plain

一応ヒモが付いているので、スニーカーのようなルックスだけど、内容はほぼスリッポンのリーボック『フューリーライト』。

ゴムひもの長さが写真のとおり短いので、結び目を変えることでキツさを微調整する面白い作り。

f:id:yoheitech:20180604195259j:plain

f:id:yoheitech:20180604201502j:plain

↓ポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)の空気をプシュプシュする所が無いバージョンという感じ。

フューリーライトの全体写真

前からのシルエットはヒモがごちゃごちゃしていない分、かなりすっきりしていて気に入っている。

意外と、ポンプフューリーとはポンプがない以外にも形やデザインが大きく違う。

f:id:yoheitech:20180604201200j:plain

f:id:yoheitech:20180604201425j:plain

全体的にシンプルで履きやすい靴。

f:id:yoheitech:20180604201736j:plain

f:id:yoheitech:20180604201811j:plain

名前通り軽いし、ソールのクッション性も良くて、歩き心地がよかった。

僕は散歩が趣味なので、こうゆう靴は助かる。

f:id:yoheitech:20180604202205j:plain

ポンプフューリー同様、この部分が穴になっている。

f:id:yoheitech:20180604202255j:plain

なので、まだ試したことはないけれど、雨の日にはめちゃくちゃ弱いはず。

でも通気性はバッチリだから良し。

ポンプフューリーが欲しい人も試しにいいと思う

今回購入した写真のモデルは、1つ前のシリーズで、新作が出たの際の売り尽くしセールで3980円とかなり安く買えた。嬉しい。

今は売り切れてしまったが、ヤフオクやメルカリで新品を安く売っている人もいるので調べて見てほしい。

かなり安いので、ポンプフューリーが気になっている人も、まずこちらを購入してみて試してみてもいいと思う。

 

↓新作はだいぶイメージが変わっている。

この値段を出すのなら、僕はやっぱり旧作をヤフオク・メルカリで見つけることをおすすめします。

NIKEのスリッポンは値段とオシャレさのバランスが1番良いのでおすすめ

 

f:id:yoheitech:20180602120257j:plain

スリッポンは本当に楽だから良い。

履く時も楽だし、紐がほどける心配もなく、紐がないから見た目もさっぱり。

そんなスリッポンを大好きな僕が、色々な物を履いた中で、値段とオシャレさのバランスが1番良いと思うのがナイキのスリッポンだ。

NIKEスリッポンの全体写真

f:id:yoheitech:20180602121141j:plain

NIKEのマーク以外はシンプルなスリッポンで、他のブランドの物と比べて少しスリムめなシルエット。

f:id:yoheitech:20180602121511j:plain

f:id:yoheitech:20180602121254j:plain

中敷にも、もちろんナイキ。

f:id:yoheitech:20180602121354j:plain

主張しすぎないNIKEマークが好き

今まではどのブランドでも、無地のスリッポンを買うことが多かった。

でもベロとカカトの部分に主張しすぎずに入っているナイキのマークがシンプルでかっこいいので購入した。

f:id:yoheitech:20180602120836j:plain

f:id:yoheitech:20180602120913j:plain

やっぱり改めてナイキのマークはかっこいい。

サイズは小さめなので注意!

今回僕はついうっかり26.5cmを注文してしまった。(写真の物)

いつもならば大丈夫なのだが、NIKEの靴は作りが小さめなのを忘れてしまっていました。

 

NIKEの作りだと普段よりも0.5cm大きいサイズでちょうど良いことが多いのでみなさんも気をつけてください。

僕もそうなのですが、試着しにいくのがめんどうくさい方はなるべく返品可能なところで注文しましょう。

僕は何も疑わずに庭で試しばきをしてしまったので返品できません

 

今現在、特にこれよりもかっこいいと思うスリッポンは見つけられていない。

しかもこの値段で新品を買えるならば、もうスリッポンはしばらくNIKEの物でいいと思っている。

スリッポンが欲しい人にはおすすめしたいです。

 

MacBookケースなら『inateck』の2017年モデルがかなりオシャレだったのでオススメです。特にグレーが。

f:id:yoheitech:20180525014612j:plain

inateck(イナテック)のPCケースを購入した。

今までは評価も抜群のサンワサプライのケースを使用していて、とても気に入ってました。

でも最近ノートパソコンを外に持ち出すことが多くなり、MacBookと一緒にボールペン・ノート・ライトニングケーブルの3つを入れられるPCケースが欲しくなったので、多少収納ができてMacBookに合うオシャレなケースを調べたおしたところ、使いやすさの評価の良さと、見た目のかっこよさでinateckのケースを買うことに決めました。

実物がかなりかっこいい

f:id:yoheitech:20180525021322j:plain

f:id:yoheitech:20180602033532j:plain

届いたものを見ると、画像で見た時よりも実物の方がかっこよくてすごく嬉しかったです。

ネットで見てる方がカッコ良かったってパターンよくあるじゃないですか?

でもこれは実物の方が1.5倍くらいかっこいいです。

f:id:yoheitech:20180602033631j:plain

裏側はこんな感じ。

f:id:yoheitech:20180602033658j:plain

↑ここに何か入れることは多分なさそう。

f:id:yoheitech:20180525021426j:plain 

充電器などの小物類を入れるミニケースもつけてくれています。

バックを持たない派の僕は使うことはないですけど、レビューを見ると喜んでいる人も多いみたいですね。

 

ちなみにこのinateckのケースでは、このブルーが1番人気があるみたいです(しかも1番安い)。

僕は断然グレー派ですけど。

中身もかなり良い感じ

中はこんな感じになっています。

f:id:yoheitech:20180525151409j:plain

このinateckケースは蓋の部分がマグネットで開け閉めできるようになっているので、チャックやファスナーの物みたいに、パソコンに擦らないように気を使わなくて良いところもかなり良いです。

そしてマジックテープのように音がでないことも、図書館で使用することが多い僕にはとても嬉しい。

f:id:yoheitech:20180525151534j:plain

このパソコンを入れる部分の生地も、ネットで見て想像していたよりも良い生地でした。高めのパジャマみたいな感触。

f:id:yoheitech:20180602033446j:plain

 

f:id:yoheitech:20180602033155j:plain

ここのチャックはパソコンに当たることはない部分ですが、やわらかい素材にしてくれているのもありがたい。

MacBook proを入れてみた

MacBook Pro 2015年モデルを入れてみました。

f:id:yoheitech:20180602034126j:plain

僕のMacBook Proには裏側に角度を良い感じにできて、熱も逃せるブルーラウンジのキックフリップというスタンドがついていますので、少し厚くなります。

f:id:yoheitech:20180602034717j:plain

キックフリップの厚みは160mmみたいです。

f:id:yoheitech:20180602034853j:plain

f:id:yoheitech:20180602034945j:plain

キックフリップがついていても簡単に入りました。

フタを閉めてみると、

f:id:yoheitech:20180602035037j:plain

少し浮きますが、良い感じです。

f:id:yoheitech:20180602035142j:plain

よこから見るとこんな感じです。

そしてここに、いつも持ち運ぶ、ノートとボールペン、ライトニングケーブルをいれてみました。

f:id:yoheitech:20180602035323j:plain

f:id:yoheitech:20180602035343j:plain

f:id:yoheitech:20180602035405j:plain

A5のノートで小口の方のファスナーが閉まりませんでした。

なので小口の方に入れるのはやめて、MacBookの上に入れることにしました。

f:id:yoheitech:20180602035801j:plain

これですっきりです。

パソコン・ノート・ペン・ケーブルをいれた状態

全て入れるとこんな感じです。

f:id:yoheitech:20180602035938j:plain

f:id:yoheitech:20180602040007j:plain

f:id:yoheitech:20180602040021j:plain

当然、多少は膨れましたがやっぱりオシャレ。

このオシャレ感を2000円ちょいで味わえるのはかなりコスパいいですね。

MacBookじゃなくても13〜13.3インチのノートパソコンに対応しているみたいなので、調べてみてください。

ブルーもかっこいいですけど、僕は断然グレーをおすすめします。

 

静かな場所で炭酸飲料のフタを開ける時に気になる「プシュッ」という音を消すための方法

フタを閉めなければいい。

f:id:yoheitech:20180522194007j:plain

フタは乗せるだけ。

f:id:yoheitech:20180522194025j:plain

 

f:id:yoheitech:20180522194213j:plain

こぼさないように注意は必要。

 

今日実際に図書館で試してみたが、この強炭酸が売りの『STORONG THE TANSAN』ならば1時間以上フタをしなくても気持ちのいいシュワシュワが味わえた。

f:id:yoheitech:20180522194300j:plain

本来、集中して作業をする際は静かな場所よりも、70デシベル程度の雑音がある場所の方が向いているらしい。

そうなると、やはりスタバなどの炭酸の音などきにしなくていいような場所がうってつけだ。 しかしスタバやドトールコーヒーがみんな近くにあると思わないでもらいたい。

僕の住んでいる千葉県の田舎では車で40分は走らないとスタバにはたどり着けない。 なので家以外では、科学的に集中できるとされている70デシベルの雑音がする場所を諦め、静かな図書館で作業をするしかない。

そんな僕のような方達のためにこれからも図書館ライフハックの発見&報告は続けていきたい。

 

「こんばんは」より「good night」。英語が日本語よりもかっこよく感じるのはそもそも作った人がモテ男だったからだ。

英語はかっこいい。

洋画を見ていて、小粋なジョークが飛び出すと「ワオっ」と感じる。

とにかく小洒落ていて、響やリズムも全てかっこいい。

 

日本語だって素晴らしいのに、なんで英語はこんなにもかっこよく感じるのか考えてみたところ、

 

「good night」

 

という言葉が頭によぎりました。

 

これは僕の大好きな『The 1975』というイギリスのバンドのせいです。

Liveの一番最後、このバンドの最大のヒット曲『The Sound』を演奏し、そのラストで食い気味に「good night!!」と叫んでいたのを思い出したからですね。

↓こちらの動画の終わり際、1:51:28秒のところです。

 

 「good night」ってめちゃくちゃかっこよくないですか?

「いい夜を」ってことですからね。

「あなたがいい夜をすごせますように」って気持ちからできた言葉ですよ?

超かっこいい。

これを別れのあいさつにしようと決めたやつは、きっとモテてモテて仕方がなかったと思います。

 

いっぽう、「good night」を日本語だと「おやすみ」ですよね。

これも日本人の真面目さがでていていいですよね。

諸説ありますが、

「おやすみなさい」=「お休みなさい」=「よく休んでください」

という風にこのあいさつが出来上がったというのが有力らしいんですが、

「よく休んでください」

ってめっちゃ日本っぽくないですか?

この人をいたわる心。

去り際のあいさつまで相手を気遣うなんて、さすが日本ですよね。

こうゆうところめっちゃ好きです。

 

ただ、モテるのは「good night」作ったやつですけどね。

 

相手を気遣うのはいいんだけど、それって恋愛で言ったら、典型的ないい人止まりってやつですもん。

「疲れをとってねぇ」なんて現実的な言葉よりも、「いい夜にしてね」なんて抽象的でロマンティックな言葉に女は弱いの。

そんなロマンティックな言葉をシレッと吐けるようなやつらが作った言葉だから、そりシャイな日本人の僕なんかが聞いたら「か、かっこいい〜」ってなっちゃうのも無理はないかなって思う。

 

真面目なやつより不良がモテるように、相手を気遣いすぎて丁寧になっちゃう人より、少しナルシストでアホな方がモテるよねってのを英語と日本語からも味わったって話でした。

 

good night。

【注意】35000円損をする!LINEモバイルへ乗り換える時に必ず注意して欲しい8のこと

ドコモからLINEモバイルに乗り換え、月の固定費が浮いたことで金銭的にも精神的にもかなり余裕ができました。

f:id:yoheitech:20180601012927j:plain

 

だから少し前までの僕のように、ドコモ・au ・ソフトバンクの3社を使って高額な料金を払っている方は、よほどの理由がない限りLINEモバイルか他社のものでもいいから格安SIMに変えて、この毎月得をしている気分を味わってもらいたいと強く思っています。

 

そのぐらいおすすめしたいLINEモバイルだが、乗り換える際にいくつか気をつけないといけない注意点があって、それをミスると35500円以上も損をしてしまうようになっている。

乗り換え後にはやり直せないことも多く、やり忘れると後悔してしまうことが色々とあったので、「これだけ気をつけておけば大丈夫」という8コの注意点をまとめました。

 

どれも簡単なので、損も後悔もなく、気持ちよくLINEモバイルに移行して月の固定費を下げてください。

1.必ずエントリーコードor招待コードから登録!普通にサイトから登録は絶対ダメ!

LINEモバイルに登録する際に気をつけなくてはいけないのは、【通常申し込み】から登録申請するのではなく、【コードを使用して申し込み】からすること。

f:id:yoheitech:20180506141208p:plain

【通常申し込み】からだと登録手数料3240円がかかりますが、【コードを使用して申し込み】から次の2つのコードのどれかを使うことで手数料を500円から無料にできます。

1.知り合いにLINEモバイルを使っている人がいれば、招待コードを教えてもらいそのコードを打ち込み申し込む。

この場合、

・音声通話SIMでの契約:無料

・データSIM(SMS付き)での契約:500円(税抜)

・データSIMでの契約:1,000円(税抜)

・招待した人とされた人の両方に1000ポイント付与

となり、一番お得な方法です。

 
LINEモバイルを使用している知人がいなければ、次の方法がおすすめです。

2.エントリーパッケージをAmazonで購入し、記載されているコードを打ち込み登録

僕はLINEモバイルを使用している友達がいなかったためこの方法を使いました。

Amazonで『LINEモバイル エントリーパッケージ』という商品を450円で購入し、そこに記載されているコードを使って登録します。

これならば登録手数料の3240円が無料で、支払うのはエントリーパッケージ代の450円のみになります。

また、エントリーパッケージで検索すると、「LINEモバイル登録の際にエントリーパッケージはおすすめできない」的な記事をよく見かけますが、あれは自分のURLから登録させて紹介料が欲しい方達が言っているだけなので無視しましょう。

確かに登録をする時に、『間違った情報で登録してしまうとやり直しができず買い直しになる』というデメリットはありますが、なかなかあることではないですし、普通に登録するより2340円も得しているので、5回までミスっても得するので安心してください。

 

2.必ずSIMロック解除をしてから乗り換え!!

今使っている携帯キャリアを解約する前に必ずSIMロック解除をすること。

後述するが、今使っているキャリアを解約前に解約するのが大事。

SIMロック解除という名前が少しややこしく感じさせるけれど、全く難しくないので安心していい。

解除しなくてはいけない理由は二つある。

1.SIMロックを解除しておかないとそのキャリアでしか使えないダメなスマホになってしまう

現在使っているキャリアを解約後、ある程度の日数が経つとSIMロック解除ができなくなってしまう。

その後に、違うキャリアや格安SIMに乗り換えたくても、そのスマホでは最初に契約していた会社でしか使えなくなってしまう。

つまりauから購入したiPhoneをSIMロック解除をしれたまま解約し、ある程度時間がたってしまうと、もう一度auと契約し直す以外使い道のないダメiPhoneになってしまう。

2.売却する時の値段が3万円以上下がってしまう

例えば、今ヤフオクを覗いてみても、SIMロック解除がしてあるiPhone Xは100,000円を超える値段で売れたりしているが、SIMロックをせずドコモ・au・ソフトバンクなどのすでに使える会社が決まっているものは75000円前後で売られたりしてしまっている。

f:id:yoheitech:20180529015250j:plain

(↑SIMロック解除済みのもの)

f:id:yoheitech:20180529015428j:plain

f:id:yoheitech:20180529015414j:plain

(↑SIMロック解除をしなかったもの)

SIMロック解除をしていないものは、そのキャリアでしか使えないので当然の価格差だと思う。

無料で、しかもたった5分ぐらいの作業でできるSIMロック解除の手間だけで、25,000円もの値段の差が開いてしまうので非常にもったいない。

 

以上の2つの理由から、必ずSIMロック解除はするべき。

契約後から100日以上たっているスマホは、どのキャリアでも全てSIMロック解除ができるので、今すぐやってしまおう。 

3.docomoからでも必ずSIMロック解除!!

ドコモからの乗り換えの場合、LINEモバイルならばSIMロック解除をしなくても乗り換えができる。

しかし先ほど挙げた理由から、ドコモからでも必ずSIMロック解除をしてから乗り換えよう。

現在使用しているスマホのまま、LINEモバイルからまた違うキャリアや格安SIMに乗り換えることができなくなってしまうので、お忘れなく。

4.SIMロック解除は必ず自分でネットから!

SIMロック解除は必ず自分でネットから手続きしてください。

ネットからの手続きならば手数料が無料だからです。

電話や店舗でお願いした場合は手数料が3000円もかかります。(これはドコモ・au・ソフトバンク全て同じです。)

自分でネットからSIMロック解除を申し込みのはたった5分でできます。

ですので、さっさとやってしまって3000円を浮かしましょう。

乗り換え前に必ずしておこう。

5.年縛りの違約金を恐れすぎてはいけない!

ドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリア達のせこい商法である2年契約。

 

契約月から2年目の2ヶ月間以外に解約すると、9800円の違約金が取られるという最低の契約。 違約金が発生しない解約可能月までLINEモバイルなどの格安SIMに乗り換えるのは待とうと考えている人は、違約金を払ってでもすぐ変えることをおすすめしたい。

 

現在のプランにもよるけど、大抵の人はLINEモバイルに変更することで、月に4000円以上得できるはず。

その上LINEモバイルでは登録してから最初の月は月額が無料などのキャンペーンも頻繁に行われている。

現に今月の僕のLINEモバイル料金は430円だった。なので9800円の違約金なんて2ヶ月足らずで取り戻せるはずだ。

恐れずにどんどん乗り換えていって欲しい。

【追記】そしてなんと、とうとうあの忌々しい二年縛りに行政改革が入るかも!!

www.asahi.com

これの動向も見守りながら移行するタイミングを考えていこう。

6.音声通話10分無料プランの使い方に注意!

音声通話10分無料と聞くと、当然言葉通り今までの電話が10分無料だと考えると思うけど、それが違います。

f:id:yoheitech:20180515181220j:plain

iPhoneの場合は、↑このアイコンを押して普通の音声通話をしますが、ここからでは「音声通話10分無料オプション」に加入していても10分無料になりません。

この事実は僕もLINEモバイルに契約してからしったのですが、この「いつでも電話」というアプリを経由した時のみ、10分まで無料なんです。↓

f:id:yoheitech:20180515182140j:plain

この「いつでも電話」アプリをダウンロードして、「連絡先の読み取りを許可」を押すだけで、今までのメモリが全て読み込まれるので簡単です。

これから今までの緑アイコンのものがあった場所にこの白いアイコンのいつでも通話アプリをセットしておいてください。

 

f:id:yoheitech:20180515183000p:plain

よく見たらちゃんと書いてくれてありました。 

7.端末保証は入会時にしか入れない!

他のキャリアでも共通のシステムだけど、LINEモバイルも端末保証は入会時にしか入れません。

f:id:yoheitech:20180515183906j:plain

後でやっぱり入りたいと思っても入れない。

なのでこれは入っておいた方がいいと思います。

保証内容は、故障・水濡れ・破損が発生した場合、年に2回まで、修理または、新品もしくはリフレッシュ端末との交換をしてくれます(1回目は4000円、2回目は8000円)。

スマホが壊れた時の修理費ってちょっとしたぼったくりバー感を味わえるほど高いですもんね。

絶対に壊さない自信がある方か、AppleCareなどの別の保証がある方以外は入った方がいいと思います。

固定費を減らすのはめちゃくちゃ大事ですけど、これで得れる安心はバカでかいので、500円で済むのならかなりお得だと思っています。 

8.持ち込み端末保証にはIMEI番号登録をしておくこと!

f:id:yoheitech:20180601011125p:plain

聞きなれない名前ですが、IMEI番号とは『端末識別番号』のことで、モバイル端末を識別するための番号です。

このIMEI番号をLINEモバイルに登録する前に、スマホが壊れてまうと保証を受けられませんので、LINEモバイルに移行する際は早めに登録しておきましょう。

自分のIMEI番号の調べ方

f:id:yoheitech:20180601010029p:plain

まずは『設定』から入り『一般』をクリック。 

f:id:yoheitech:20180601005458p:plain

そして設定を開いて『情報』をクリックします。 

f:id:yoheitech:20180601005740p:plain

すると↑この画面が出てくるので『IMEI』と書かれている欄の右側にある数字が、あなたのIMEI番号です。

こちらをLINEモバイルの申し込みじにしっかり登録しておきましょう。

おわりに

これら8つのことに気をつけておけば、LINEモバイルに乗り換える際に損することはない。

何度も言うけれど、固定費を下げることは本当に大事。

固定費が無ければないほど、「稼がなくても良い」という余裕が生まれて、その余裕から稼げたりしてしまう。面白いことに。

なので、LINEモバイルに変えたほうが携帯代が下がるならば、今すぐに変えましょう。