シェゲ平の月収172000円ブログ

ハワイ島2日目① 野生のイルカと泳ぐ

ハワイ島2日目はイルカと一緒に泳いで、そのあとにマウナケアという4205mの高さの山で夕日と星を見に行きました。

f:id:yoheitech:20171004165236j:plain

f:id:yoheitech:20171004170115j:plain

f:id:yoheitech:20171004171234j:plain

今回「マサシのネイチャースクール」という怪しい名前のツアー会社に日本から申し込んでおいた。実際は怪しくなく、初めて面白いと思えたツアー会社になったけど。

野生のイルカと泳げるツアーとマウナケア山で夕日と天体観測ができるツアーのセットのもので、約3万円でした→combo_dolphinsunset.html

(後述しますが、マウナケアの頂上には自分で車で行くのはかなり難しいのでツアーがおすすめです。)

ボートでイルカのスポットへ向かう

朝前の日に買っておいたハワイ名物のスパムおにぎりを食べてから、ツアー会社の人にホテルまで迎えにきてもらい、港へ。

f:id:yoheitech:20171005231304j:plain

貸し出してくれるウエットスーツに着替え、ボートに乗り込みイルカがいるポイントへ出発。

イルカの群れに会える確率は90%以上らしいので期待。

f:id:yoheitech:20171005231519j:plain

f:id:yoheitech:20171005231539j:plain

ボートから見る景色もすごかった。↑の写真のような横に長い山は日本では見れないので見ていて面白い。海外ってやっぱりいいな。

ボートは結構スピードが早く、風が気持ちよかったので、乗り物酔いをしやすい人も普通の船よりはずっと楽だと思います。(僕の彼女もめっちゃ乗り物酔いするんですけど、酔い止め飲んだら全然大丈夫だったと言っていました。)

野生のイルカと泳ぐ

スポットに到着したら、シュノーケルを付け海に飛び込みます。

f:id:yoheitech:20171006143514j:plain

当然足が全くつかない深さなので、泳ぎが苦手な方は無料なので浮き輪(というか浮き棒)を借りた方がいいと思います。

僕は泳ぎは得意なんですが、長時間足がつかないところにいるのは疲れるため浮き輪を借りてよかったと思いました。

そして浮き棒につかまってゆらゆらしていると、「潜ってー!」という声が聞こえたので潜るって下を見ると早速イルカの群れに遭遇。

f:id:yoheitech:20171007145520j:plain

f:id:yoheitech:20171007145645j:plain

1匹か2匹見れたら嬉しいなぁぐらいに思っていたので、この量には驚いたし、嬉しかった。

f:id:yoheitech:20171007145925j:plain

全然怖がらずに近くを泳いでくれるし(むしろ喜んでいるようにも見える)、写真はないけど水面で回転ジャンプも見せてくれた。可愛い。

f:id:yoheitech:20171007150042j:plain

 

イルカと泳ぐ際には「近くにきても触らないこと」「なるべく騒がないこと」など決まりがあって、みんながそれを守ってる限りはイルカは逃げないでくれるのかもしれない。

 

実際はイルカと泳ぐというほどかっこいいものではなく、必死で潜ってゼェゼェ言いながらイルカを見るというスマートさのカケラもなかったけれど、すごくいい思い出になった。

酔い止めのおかげで船を酔わずに乗り切った彼女が、浮き輪酔いでダウンするというハプニングはあったけれど楽しかった。

 

【必ず行くべき】ハワイ島おすすめスポット① コナ空港・ロイヤルコナホテル・ハゴス

去年の11月にハワイ島へ4泊6日で行ってきました。

「ハワイ島はやばい」という話はよく聞いていたけど、実際に行ってみると予想以上に最高な島でした

住みたい。本当に住みたい。

わざわざ観光地に行かなくても、ただいるだけで満足できる場所です。

f:id:yoheitech:20171002172104j:plain

f:id:yoheitech:20171002172334j:plain

(コナの街を少し歩くだけでも、綺麗な景色だらけです)

だけどやっぱり初めて行ったからには色々見て回りたいですよね。

そこで今回、僕が「ハワイ島を心底満喫できたわぁ」と感じた、観光スポット・レストラン・注意点などをたくさんの写真付き旅行記として紹介します。

全て間違いなく行って後悔しない場所なので、少しでも参考になったら嬉しいです。

 

1.コナ空港に到着

ハワイ島のコナ空港に到着。

f:id:yoheitech:20170929000318j:plain

f:id:yoheitech:20170929000329j:plain

 一つの建物ではなく、広場に荷物の受け取り所や、軽いお土産やがある感じ。

島国に来た感がすごい。

f:id:yoheitech:20170929000711j:plain

 ここまで空港感がない空港に感動。この時点でもう最高な旅行になる気配がビンビン。

飛行機がしんどかった

僕は飛行機や電車で上手く眠れないタイプなので、八時間半のフライトでオアフ島のホノルル空港に付き、ハワイ島への便に乗り換えてからの更に一時間のフライトはなかなかキツかった。

少しでも楽になるように、飛行機での快眠グッズはなるべく用意しておいた方が良いと思います。

僕は何も持たずに行ったので、フライト中に「今手に入るなら二万円までなら出せるなぁ」と本気で考えるくらい、首に巻く枕(ネックピロー)が欲しかったです。

 

帰りは現地で購入した、親の仇かのように色んな筆記体で「ALOHA」という文字が書き殴られたネックピロー(↓これ)をしていたので、だいぶ楽でした。

f:id:yoheitech:20170928114923j:plain

(日本に帰ってきてからAmazonですぐにもっといいネックピローを購入した)

 そして送迎バスに乗りホテル「ロイヤルコナ」へ。

 

ホテル「ロイヤルコナ」

f:id:yoheitech:20171002173818j:plain

(昼の外観を撮り忘れていたので夜のものだけです...)

ハワイ島旅行の安いツアーを探すと大体このロイヤルコナが出てくるんだけど、安いホテルとはいえ、さすがアメリカ。日本の高いホテルよりも桁違いに広いし、僕からしたらただの高級リゾートホテルにしか見えなかった。

f:id:yoheitech:20171002171838j:plain

海も目の前だし、キレイなバーもプールもあるし、フロントには日本人スタッフの方もいたので安心。

f:id:yoheitech:20171002171604j:plain

f:id:yoheitech:20171002185028j:plain

部屋もバルコニー付きでキレイだし、コナの中心地に立っていて立地も良いし、ここで不満を感じる人はあまりいないと思う。

(しかしヒルトンホテルやフォーシーズンズホテルの中を覗いたら、さすがに値段が3倍以上するだけあって3倍以上すごかった。笑)

 

ハワイ島の人気レストラン『Huggo's(ハゴス)』へ

そして夜ご飯は日本から予約をしておいた有名レストラン『Huggo's(ハゴス)』へ。

f:id:yoheitech:20171002190054j:plain

海を見渡せるとんでもなくキレイなレストランで、値段も高いし、少し場違いな気がしたけれど最高。

17時と割と早い時間に行ったから最初は空いていたけど、18時にはほぼ満席になっていたので、行く予定の方は、日本から予約して行った方が確実。どうせなら海側の席に座りたいですしね。

f:id:yoheitech:20171002190226j:plain

f:id:yoheitech:20171002190307j:plain

(↑お店の中にはバーもあった。)

またこのお店は日本語のメニューもあるのでかなり嬉しいです。

せっかく来たのに、なにを頼んでいいのかわからないのはきついですもんね。

f:id:yoheitech:20171002195806j:plain

 

景色もすごいけど料理も本当に美味しかった。

小エビ、アワビ、そしてマグロとアボガドのハワイ料理「アヒポキ」とどれもうますぎる。高いだけある。

f:id:yoheitech:20171002190928j:plain

f:id:yoheitech:20171002190941j:plain

f:id:yoheitech:20171002190954j:plain

そして何より、ここで食べたアンガス牛のステーキは僕が今まで食べた全ての食べ物の中で1番うまいんじゃないかと思うほど美味しかった。

f:id:yoheitech:20171002191223j:plain

(↑本当に美味しすぎてびっくりしました。あまり美味しそうに写っていないのは完全に僕の写真力不足)

お肉が好きな人には必ず食べて欲しい。感動するから。

正直このステーキだけ頼めば美味しいしお腹いっぱいになるしお金安くすむし、の三拍子なので、もしもまた行けたらこのステーキだけを頼むと思います。やっぱりアメリカは量が多い。

f:id:yoheitech:20171002200335j:plain

そしてお腹いっぱいになった状態でコナビールを飲みながら夕日が沈むのをボケーっと見るという成功者のような時間を過ごしていたんですが、贅沢すぎて明日死ぬんじゃないかという脅迫観念に襲われたので、ホテルに戻ってABCストアで買ったお酒を軽くバルコニーで飲みながら就寝しました。

 

次回は2日目のイルカと泳いだ話とマウナケアという4000m以上の山で星を見た話です。

アジカン『バイシクルレース』 - まだ始めてすぐの人にも良いことがあるといいなと思う ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の『ランドマーク』とうアルバムに収録されている「バイシクルレース」という曲に大好きな歌詞のフレーズがある。

走り出して数分の

彼にだって振り向けビーナス 

何かを達成するのには時間がかかる。

スポーツや楽器が上手くなりたくても、練習を積み重ねなきゃならないし、お金を稼ぐのだって、異性にモテるようになるのだって、大抵はなんでもトライ&エラーで少しづつ上達していくしかない。

今すぐ自分がなりたい理想の状態になるなんて不可能だ。

辛い。

自分のやりたいことや目標に、気が付くのが遅かったときなんて、特に辛い。

「もっと若い時から気付いていればなぁ!!やってればなぁ!!」と自分を責めたくなるし、ひどい時なんて周りの人や環境のせいにしたくなる。

辛い。

でも大丈夫

でも気づくのが遅かったからこその楽しいことや、嬉しいことも必ずある。

昔『電気グルーブ』のピエール瀧だか石野卓球が『メロン牧場』という本で「イチローの人生ってつまらないと思う。子供の時に思い描いていた通りの人生になってて、なんかハプニングがないじゃん(笑)」と言っていた。その感じ。

始まりが遅れたからこそ、少しでも上手くいった時に感じる感動は、早く始めた人よりも数倍上だと思う。思うことにしている。

「あれ?出遅れたのに、自分なんか今いい感じじゃないっすか!?」って時のハプニング感はきっと最高だ。

そもそも「出遅れた」とか人と比べる必要は一切ないし。

そして大丈夫

そして「ある程度何かをコツコツと積み上げた先に光が見えてくる」という真理を無視してでも、理想の状態に近づこうと何かを始めた人に、すぐに何か良いことがあるといいなぁと心から思う。

不条理に嫌なことや辛いことが起こる世界なんだから、不条理に良いことや嬉しいことが起こったていいと思っている。

そして自分に「うそぉ!?」って言いたくなるぐらい良いことが起こった時には素直に喜べるように、不条理に(または不条理に見えるくらい)上手くいっている人を僻んだりしないような気持ちを日頃から作ってスタンバイしていたい。

 

次回予告

【そうは言っても早くから始めてた人の方が有利だよね】

Bruno Marsの追加公演がきた

全て落選してしまったブルーノマーズの追加公演が決定した。

しかも4/11(水)と4/15(日)の二日間も。

f:id:yoheitech:20170923221732p:plain

今回は当てたい。1日分のチケットはもうチケットキャンプで買ってしまったけど、二日間ぐらい全然行きたいし、何より自力で当てたいという意地で申し込むことにした。

 

今回は当てる

前回の記事で書いたように、失敗を生かして、今日から始まっている最速先行抽選に全力を注ぎます。

まずは、前回の抽選時にはH.I.Pのサイトでは月額300円くらいのモバイル会員で申し込んだが、当たる確率が上がるらしい年会費4000円のプラチナム会員になった。

インスタやツイッターで当たった人をみてみると、ほとんどがH.I.Pのプラチナム会員だったからだ。

これで、自力で当てれたらすごく嬉しい。

プラチナム会員として、追加公演の両日にVIP S席で応募、そしてもちろん前回登録した月額300円のモバイル会員の方でも両日応募した。

 

そしてもう一つの応募方法である、Live Nationの方は会員登録を昨日までに済ませておけば、会費を払わずとも応募ができるので、友達8人にお願いをした。

みんな今回も本当にありがとうございます。

当てたいなぁ。

 

人気ある海外アーティストは大体追加公演するよね

今回の追加公演は大体予想できたことです。

二日間もするとは思わなかったけれど。

これは本当にうれしいことです。

最近世界的に人気なアメリカやイギリスの人気バンド・ラッパーが、日本だけでは需要がなく儲からないので、来日してくれないという悲しいことが頻繁に起きているけど、ブルーノマーズに関してはその心配がこれでなくなりましたね。

また次回新アルバムを発売した後のツアーでも、きっと日本はスケジュールに入れてくれるはずです。

 

Liveチケットを申し込むときの心構え

VIP S席がもしも当たったら、すごく嬉しいんだけど、今度は整理番号が気になると思う。後ろの番号だったら結局間近で見ることは難しいだろうし。

こんな風に考えていくと、キリがなくて、せっかくのLiveなのに祈り疲れしてしまうので、Liveのチケットを申し込む時は「まぁ当たって音楽聞ければ良いか」という気構えでいきましょう。

僕はそういう気持ちで10/4の結果発表と3/31のチケット発券開始を待つことにしたので、だいぶ気持ちが楽になりました。

 

 

 

Bruno MarsのLiveチケット全て落選。。。

ブルーノ・マーズのLiveチケット全て落選しました。

f:id:yoheitech:20170921112937j:plain

 

たくさんの友達が手伝ってくれたので、僕の応募総数は

 

・VIP S席 48口

・スタンドSS席 16口

 

と結構な数応募したのですが、全滅。

結局チケットキャンプでVIP S席の値段払って、スタンドSS席を購入しました。

 

 今回の敗因

一回目の最速先行抽選時にブルーノマーズをなめていたことが最大の敗因です。

日本でも人気があるのは知っていましたが、今まで海外アーティストのチケットを取れなかったことがなかったので、「まぁ取れるっしょ」と油断していて、自分の分しか応募しませんでした。

最速先行抽選時に今回ぐらい友達にもお願いして本気で応募していればきっと何枚かは取れていたんじゃないかと思っています。

「応募しすぎたらあまっちゃうんじゃないかな」なんて考えてたことが恥ずかしい。

 

次からは

二回目の抽選となる、今回のプレイガイド抽選は数が相当少なかったみたいですね。

最速先行で大体売り切っちゃったのかな。

勉強したのは、行きたいLiveはチケットは、もしも余ろうがなんだろうが、最初の最速先行抽選に全力を注ぐべきですね。

とにかく来年のブルーノマーズ楽しみです。

 

 

Bruno Marsのチケットが当たりますように

明日はいよいよブルーノ・マーズの来日公演チケットの結果発表の日だ。

僕が(というかかなり多くの人がそうだと思うけど)、今一番Liveを観たいアーティストだ。

 

もうLiveというより、Showという華やかさ。

僕は今までは、曲が良ければ歌が下手だろうが、見た目がダサかろうが、何でも良いという考えだった。

けれどブルーノマーズのLiveをYouTubeで観ていると、「歌が上手い」ということと、「ダンスが上手い」ということはとても素晴らしいことなんだと感じるようになった。

あの素晴らしい歌とダンスのShowを何がなんでも生で観たい。

特にこれとか↓

 もう完璧。

「この世に正解なんてない」って言うけれどこれは正解。そう断言したくなるほど素晴らしい。

本当にLiveに行きたすぎて、この素晴らしいLive映像を今は観たくないぐらいなんです。「もし当選してなかったら、このLiveを見逃すんだよぁ」と思うと胸が張り裂けそうになるからです。

こんな感覚は小学生の時に、僕の面倒をすごく良くみてくれていた、近所の美人で優しい高校生のお姉ちゃんに彼氏がいるのを知った時ぐらいの切なさですよ。

まさか、あれに匹敵してくるとはね。ブルーノに拍手もんですよ。

一枚35000円のVIP S席に応募した

せっかくですから、一席35000円のVIP S席に応募しました。

f:id:yoheitech:20170919212138p:plain

友達にもお願いしてガンガン行きました。(応募してくれた友人達本当にありがとう)

こんなに近くでブルーノ見れるなら35000円なんて安いもんですよ。

僕の月収の5分の1だけどな!!

 

 最速先行では見事に外れた

前回の最速先行では、月額を払う会員になってまで応募したのに全く当選しませんでしだ。ここまで倍率が高いとは。。

チケットキャンプなどで見るとVIP S席の価格は3倍ぐらいになっているので、転売屋達も目を付けているでしょうから、競争率はかなりのものでしょう。負けないぞ〜。

 

最後にお願いがあります

このブログを読んでくれた方は、この記事を閉じる前に「当たれば良いね」と心の中でつぶやいていただけたら嬉しいです。確率上がる気がするんで。

 

次回予告

【LiveのことShowって呼ぶやつと友達になるの難しいよね】

 

BAD HOP「Ocean View」- 何歳から一緒にいれば幼なじみと言えるのだろうか

こないだ発売されたBAD HOPのアルバム「Mobb Life」に収録されている、「Ocean View」という曲がすごくいいです。 

綺麗な笛の音が素敵で、夏を感じる曲に乗せてスカッとしたラップが乗ってきて気持ちがいい。

特に3:01秒からのT-Pablow君のバースが好きなんですけど、その出だしの歌詞で、

ディナー運んで来る ウェイターもしてるびっくり

タトゥー入れまくり 若いのいい羽振り 

もしかして悪い仕事してる人達?

いや、違うよ ラッパー 横に幼なじみ

 と歌われている。

「こんな若くて悪そうな見た目で金持ってるけど、裏の仕事じゃなくてラップで稼いでんだぜ?」って自信マンマンな歌詞でかっこいいですよね。

 

更に僕がかっこいいなぁと思うのは、「横に幼なじみ」という部分なんですよね。

小さい頃から一緒にいた友達とみんなで成功の階段を登っていくのとか最高じゃないですか。

ただここでフッと頭に浮かんだのは、「幼なじみとは何歳から一緒にいたやつのことを言うんだろう?」という疑問です。

 いつから一緒にいれば幼なじみ?

というのも「幼馴染」って言葉、なんかいいじゃないですか。

「超深い仲」みたいなイメージがあるし、何より響きがかっこいい。

なので、僕もできれば仲の良い友達みんなを「幼馴染」と呼びたいんですよね。

大学で知り合ったやつらも、20代半ばで知り合ったやつらも。

だって仲良いんだもん。

 

しかし幼馴染のハードルは中々高そうです

BAD HOPのメンバーは大体が保育園または小学生から一緒にいるらしいし、何より日本の幼馴染代表である、漫画『タッチ』の達也と南なんて生まれた時から隣の家ですからね。

 

「幼なじみ」を辞書で引くと

幼い頃から仲が良い人、あるいは物心ついたときからの顔馴染みなどを意味する表現

となっています。

 

今現在仲良く遊んでいる友達には中学の同級生が何人かいるんですが、これは地元も同じだし、中学生といえば十分幼いので、「幼なじみ」と呼んで支障はなさそうです。

 

 大学で知り合った友達は?

では他の仲のいい友人、「大学時代の同級生」と「24才の時に東京で仲良くなった友達」はどうでしょうか。

大学時代の僕といえば、授業にはあまり出ずに毎日のようにパチンコ屋に通って常にお金がなかったり、毎日昼に起きて夜だけ元気に飲みに行って翌日また起きられず単位を落としたり、一人でムラムラしたり、たまに女の子と遊べてワクワクしたりしてました。

これはかなり「幼い」と言えますよね。

ですので、幼かった大学時代に知り合った友人達も「幼馴染」と呼んでなんの問題もなさそうです。

 

20代半ばで知り合った友人は?

大学を卒業後しばらくして、千葉から東京に出て行き、そこで知り合った友達も何人かいます。 

その頃には24才だったので、これはもう幼いと言うのは難しく、幼馴染と呼ぶことは難しそうです。

しかし、よく考えるとその頃知り合ったやつらって、僕を含めてほぼ全員が就職していないんですよね。

 

みんなフリーターで時給850円でバイトしながら、 「北川景子と佐々木希のどっちかと付き合えるとしたらどっちにする?」という議論を一時間以上に渡って繰り広げたり、

年越しのカウントダウンを人気のない高円寺の街中で少人数でひっそりと行い、年明け後に「今年はさぁ、けっこう「悪(ワル)」で行こうと思ってんだよねぇ」と言いながら、車が一台もいない道の横断歩道を赤信号で渡って「悪(ワル)だねぇ」と盛り上がったりしてました。

有無を言わさず幼いですよね。

彼らのことも「幼馴染」と呼べそうです。

 

 結論

仲が良い友達のことは、なんやかんやで「幼馴染」と呼べることが発覚しました。

しかし、よく考えると「いやおれの幼馴染がさぁ」ってイチイチ使うのなんかダルいので、今まで通り「友達」と呼んでいくことにします。

 

 次回予告

【悪(ワル)って女にモテるよね】

『PITAKA』のiPhoneケースが思ったより良い。アラミド繊維ってすごいんだ。

f:id:yoheitech:20170914205018j:plain

 

『PITAKA』さんから提供してもらった、防弾チョッキと同じ素材(アラミド繊維)を使用したiPhoneケースを三週間使用してみたが、かなりいいです。 

iPhone(スマホ)ケースの素材

今までiPhoneケース(スマホケース)に頻繁に使われる素材は二種類だった。

一つはハードケースと呼ばれるポリカーボネートなどのプラスチックと、ソフトケースと呼ばれるシリコンだ。

 

プラスチック(ハードケース)

プリントができるため、豊富なデザインがある。スタイリッシュな見た目でかっこいいが、よく割れたり角が欠けたりしてしまう。またツルツルしているので手からすべり落ちやすい。

 

シリコン(ソフトケース)

柔軟性がある素材で割れることがなく、ゴムのような手触りで滑りにくい。しかし伸びやすく、しばらく使っているとゆるゆるになってしまい、iPhone(スマホ)から外れやすくなる。また透明のものだとすぐに黄ばんでくる。

 

こんな感じで、どちらもメリット・デメリットがある。

 

アラミド繊維すげーいい 

PITAKAのiPhoneケースで使われているアラミド繊維は、どちらかというと、ハードケース(プラスチック)に近い。しかし、ハードケースの最大の欠点である「割れやすい」が無くなっているからすごい。

しかもケースを付けていないむきだしのiPhoneを手に持った時とほぼ変わらない感触と見た目の薄さなのに。

 

f:id:yoheitech:20170914205328j:plain
f:id:yoheitech:20170914205524j:plain

 

 

僕はハードケース派なんですけど、仕事中iPhoneをカッターと一緒のポケットに入れているため、ハードケースは一週間もしないうちに側面のどこかが必ずかけていた(なので最近はソフトケースを使っていた)。

しかしPitakaのケースは三週間使って、未だにどこもかけていないし、傷が一つもない。

 

f:id:yoheitech:20170914210025j:plain
 ↑購入時
f:id:yoheitech:20170914205727j:plain
↑三週間使用後

今まで使ったどのハードケースよりも薄いことを考えるとこれは結構すごいと思う。

(使う前は防弾チョッキに使われる素材だから割れづらいとか、シンプルな理由すぎて嘘くさい気もしてました。)

 

また、ハードケースながら、手触りがツルツルではないところも気に入っています。

しっとりした触り心地でシリコンまではいきませんが滑り止めの効果も十分あります。

アラミド繊維すげーな。

 

最後に

とにかく、アラミド繊維すごいんでPITAKAのケース、作りは最高です。

あとはiPhone(スマホ)ケースを選ぶ時に大事なのはデザインが気にいるかどうかだと思うんで、Amazonでチェックしてみてください。(デザインは五種類あります)

デザインが気に入ったなら、物の良さは保証しますんで購入してみるのもありかと。

『Anker SoundCore 2 Bluetoothスピーカー』 レビュー (Anker SoundCore 1はもう買わなくていいんじゃないかな)

Bluetoothスピーカー『Anker SoundCore 2』を購入した。

f:id:yoheitech:20170823154539j:plain

Anker SoundCore 2 - Amazon

 

Anker SoundCore 1は自分では持っていないものの、友人の持っているものでよく聞かせてもらっていたんだけど、比べると Anker SoundCore 2の方が音もいいし、防水性能は上がってるし、Anker SoundCore 1で最大のネックだった『Anker』という馬鹿でかいロゴが小さくなってるし、文句なしで2の圧勝。

f:id:yoheitech:20170823153052j:plain

↑Anker SoundCore 1のこのロゴの大きさが嫌いだった人は多いと思う。 

f:id:yoheitech:20170823153201j:plain

↑Anker SoundCore 2ではだいぶスッキリとした。本当は角にワンポイントととしてある程度でいいんだけれど。

とにかくロゴも含め全体的に見た目のスマートさはかなりレベルが上がった。

スピーカーはやっぱり、テーブルやデスク上で使用する率が高く、毎日目に入るものなのでルックスも重要。

 

一つだけAnker SoundCore 1の方が買ってることは値段なんだけど、1000円の違いだから、ワンピース・進撃の巨人・東京グールの新巻を買わずにTSUTAYAでレンタルすれば浮いたお金十分足りるレベル。

そして大人気のBOSE soundlink miniの4分の1の値段で買える。soundlink miniは確かにいい音だけど、そこまでの性能の差はない。

なので小型のBluetoothスピーカーならAnker SoundCore 2でほぼ決まりじゃないかな。