シェゲ平の月収172000円ブログ

タイピング音を消すためにキーボードカバーをつけたけど...

キーボードカバーを購入することになった。

最近は恐ろしいぐらいダラダラしていた。理由は「寒いから」だ。

冬は寒すぎて、ついついコタツに飛び込んでしまう。運動もする気になれないし、書きたいことがあっても机に座るのが嫌でブログも書けない。

じゃあコタツで書けばいいじゃん、と思われるかもしれないが、僕はコタツやローテーブルでパソコンをやると腰が痛くなるタイプ。

 

しかしこれではいけないと思い、まずは環境を変えることにした。そもそもコタツがなければ入らないのだ。だからといってコタツを部屋から撤去する勇気はないので、コタツのない場所、「図書館」でブログを書くことにした。

 

図書館に行ってみると、狙い通りあっさりとブログを書き始められた。そもそも書きたいことは色々あったんだから、コタツがなく机でパソコンと向き合うだけの状況になれば簡単だ。

「やはり、自分を変えたければ「意識」からではなく「環境」から変えなくちゃいけないんだなぁ。 あっ!これも記事になるな」とルンルンで作業していたんだけど、急に手が止まることになる。

さっきまで、誰もいなくてほぼ貸切状態だったのに、17時を過ぎたころから人が急に増え始め、キータッチの音が気になり出したからだ。

近くに高校があるので、図書館が高校生でいっぱいになり、僕のタイピングの音が必死に勉強している人たちの邪魔になるんじゃないか?と気になりだした。

そこからは、なるべく邪魔にならないように、音がでないよう、ゆっくりキーを押していたんだけど、指は疲れるし、何より文章が止まってしまう。

せっかく図書館という集中できる場所を見つけたのに、このままではマズイと思い、その場ですぐに「キータッチ音 消す方法」とGoogle検索をかけた。すると「キーボードカバーでだいぶ静かになる」という情報を得た。急いでAmazonでキーボードカバーを調べ、「Maxku」というメーカーのものが安かったのでお急ぎ便で注文した。そしてその日はあきらめて家に帰った。

 

次の日のお昼に早速届いた。

f:id:yoheitech:20170121203132j:plain

これで今日は図書館で思いっきりタイピングできるし、色もホワイトにしたからいつものブラックのキーボードと雰囲気が変わって気分転換にもなるなぁとワクワクしながら開封してキーボードに乗せてみた。

 

すると,,,

 

f:id:yoheitech:20170121203738j:plain

 

 

f:id:yoheitech:20170121203808j:plain

 

ズレズレだった。

僕のMacBook Proは2015年製なんだけど、届いたキーボードカバーは2016年製のものだった。キーボードのサイズ感も変わっているとは知らなかった。

初歩的ミスだ。

 

しかし後悔していても仕方がないので、ズレている一番上の列だけ削除することにした。

f:id:yoheitech:20170121204247j:plain

 

 

f:id:yoheitech:20170121204328j:plain

 

 

f:id:yoheitech:20170121204437j:plain

一番上の列は音量だったり、ディスプレイの光量だったりを調整するキーが多い。なので、そこまで押すことがないのでカバーがなくても困らない。もしも間違って僕のように去年以前のMacBookを使っているのに、最新のキーボードカバーを買ってしまった人がいたらこの方法で解決してください。

 

これで図書館でのびのびと記事がかける。

ただ上の列がなくて、間抜けな、このキーボードカバーが高校生にバカにされるんじゃないかという心配は増えた。

 

キーボードカバーの感想

初めてキーボードカバーを使ってみたけど、けっこう良いと思う。

「キーが打ちづらくなる」とレビューに書いている人もちらほらいた。確かにない方が打ちやすいのはわかるけど、僕はつけても打ちづらいとは思わない。触り心地はつけた方が好きなぐらい。

そして何より音が静かになるのがいい。家の中だけで使う人にはそこまで必要ないと思うけど、外に持ち出して使う人は「自分の音がまわりに迷惑をかけているんじゃないか?」という心配が減るので、おすすめです。キーボードを汚したくない人にも良いと思う。

 

追記 : 購入してから10日がたったんですけど、慣れるとキーボードカバーあったほうが落ち着きますね。何より触り心地がいい。もう必需品です。

買う時はちゃんと自分のパソコンに合うか調べてください。