シェゲ平の月収172000円ブログ

ハワイ島2日目① 野生のイルカと泳ぐ

ハワイ島2日目はイルカと一緒に泳いで、そのあとにマウナケアという4205mの高さの山で夕日と星を見に行きました。

f:id:yoheitech:20171004165236j:plain

f:id:yoheitech:20171004170115j:plain

f:id:yoheitech:20171004171234j:plain

今回「マサシのネイチャースクール」という怪しい名前のツアー会社に日本から申し込んでおいた。実際は怪しくなく、初めて面白いと思えたツアー会社になったけど。

野生のイルカと泳げるツアーとマウナケア山で夕日と天体観測ができるツアーのセットのもので、約3万円でした→combo_dolphinsunset.html

(後述しますが、マウナケアの頂上には自分で車で行くのはかなり難しいのでツアーがおすすめです。)

ボートでイルカのスポットへ向かう

朝前の日に買っておいたハワイ名物のスパムおにぎりを食べてから、ツアー会社の人にホテルまで迎えにきてもらい、港へ。

f:id:yoheitech:20171005231304j:plain

貸し出してくれるウエットスーツに着替え、ボートに乗り込みイルカがいるポイントへ出発。

イルカの群れに会える確率は90%以上らしいので期待。

f:id:yoheitech:20171005231519j:plain

f:id:yoheitech:20171005231539j:plain

ボートから見る景色もすごかった。↑の写真のような横に長い山は日本では見れないので見ていて面白い。海外ってやっぱりいいな。

ボートは結構スピードが早く、風が気持ちよかったので、乗り物酔いをしやすい人も普通の船よりはずっと楽だと思います。(僕の彼女もめっちゃ乗り物酔いするんですけど、酔い止め飲んだら全然大丈夫だったと言っていました。)

野生のイルカと泳ぐ

スポットに到着したら、シュノーケルを付け海に飛び込みます。

f:id:yoheitech:20171006143514j:plain

当然足が全くつかない深さなので、泳ぎが苦手な方は無料なので浮き輪(というか浮き棒)を借りた方がいいと思います。

僕は泳ぎは得意なんですが、長時間足がつかないところにいるのは疲れるため浮き輪を借りてよかったと思いました。

そして浮き棒につかまってゆらゆらしていると、「潜ってー!」という声が聞こえたので潜るって下を見ると早速イルカの群れに遭遇。

f:id:yoheitech:20171007145520j:plain

f:id:yoheitech:20171007145645j:plain

1匹か2匹見れたら嬉しいなぁぐらいに思っていたので、この量には驚いたし、嬉しかった。

f:id:yoheitech:20171007145925j:plain

全然怖がらずに近くを泳いでくれるし(むしろ喜んでいるようにも見える)、写真はないけど水面で回転ジャンプも見せてくれた。可愛い。

f:id:yoheitech:20171007150042j:plain

 

イルカと泳ぐ際には「近くにきても触らないこと」「なるべく騒がないこと」など決まりがあって、みんながそれを守ってる限りはイルカは逃げないでくれるのかもしれない。

 

実際はイルカと泳ぐというほどかっこいいものではなく、必死で潜ってゼェゼェ言いながらイルカを見るというスマートさのカケラもなかったけれど、すごくいい思い出になった。

酔い止めのおかげで船を酔わずに乗り切った彼女が、浮き輪酔いでダウンするというハプニングはあったけれど楽しかった。