「やればできる!」という考え方をした方が幸せになりやすい -『マインドセット「やればできる! 」の研究』

スポンサードリンク

 「人の能力は生まれつき決まってしまっているものなのか、それとも自在に伸ばしていけるものなのか」という議論の答えは現在ハッキリとは出ていない。

でも、社会心理学や発達心理学の世界的な権威キャロル・ドゥエック博士が、

「とりあえず、努力次第で能力は伸ばすことができる! という考え方(マインドセット)をしている人の方が色々とうまくいくってことは確定だよ〜!」

ということを20年もの時間をかけた調査と研究で、実証してくれた有名な一冊が、この『マインドセット「やればできる! 」の研究』という本。

やればできる!という考え方をしている人達の方がうまくいっていることが多い、という調査結果を、実例を交えてたくさん紹介してくれていて、読む前と後で自分の価値観が変わったのがわかる名著です。 

しなやかマインドセットと硬直マインドセット

マインドセットには 大きく分けて「しなやかマインドセット(growth mindset)」と「硬直マインドセット(fixed mindset)」の二種類があることがわかったらしい。

  • 硬直マインドセット=人間の能力は生まれつき決まっていて変えられない、という考え方
  • しなやかマインドセット=人間の能力は伸ばして行くことができる、という考え方 

硬直マインドセットの人は、「自分の能力は石版に刻まれたように固定的で変わらない」と思い込んでいて、ちょっとした失敗や他人からの悪い評価で自分には能力が無いと思い込んでしまい、挫折してしまいやすいので、新しいことへの挑戦をためらってしまいます。

しなやかマインドセットの人は「能力は自在に伸ばしていける」と考えているので、失敗は成長の糧と考えることができて、まわりの評価を気にせず、新しいことへどんどんチャレンジができます

「失敗は成功の母」という有名な言葉通り、失敗しながらも続けて行くと大抵のことはうまくいきます。

天才数学者のジョン・ナッシュさんも「試みを繰り返すたびに成功の確率は、劇的に上昇する」と言っていますし、結局続けることが一番成功率を上げてくれるんです。

なので挑戦を繰り返しやすい考え方、「しなやかマインドセット」に自分をしておいた方が人生うまくいきやすいですよね、という話の本です。

誰でもしなやかマインドセットになれる

また大体の人はこの両方のマインドセットを持っていて、対象によって変わったりします。

ドゥエック博士自身もこのように言ってます。↓

ほとんどの人が両方のマインドセットを併せ持っている。単純に二つに分けて説明しているのは、話をわかりやすくするためにすぎない。

同じ人でも分野ごとにマインドセットが異なる場合もある。

私自身はどうも、芸術的才能に対してはコチコチ(硬直)、知能についてはしなやかな考え方をするようだ。

その対象によってマインドセットは変わるということは、自分の仕事や、やりたいことに関してはどんどんしなやかなマインドセットにしていった方がいいですね。

現在硬直マインドセットが強めな人でも、しなやかマインドセットに変えていくことができるとドゥエック博士は言っています。

マインドセットは性格の重要な一部分だが、自分の意思で変えることもできる。二通りのマインドセットの違いがわかれば、今までとは違った考え方や反応ができるようになる。

しなやかマインドセットにするには

自分をしなやかマインドセットに変えて行く方法は、毎日自分で「硬直していないか?しなやかに考えれているか?」と自分に問いかけたり、この本に書いてある大量のしなやかな考え方の例を読んだりして、自分の身に染み込ませていくしかなさそうです。(具体的ものだと、毎朝「今日は自分と周囲の人にとって、どんな学習と成長のチャンスがあるだろうか?」と問いかけるという方法が書かれています。)

自分に根付いている考え方を変えて行くわけなので、時間をかけて地道に続けていくしかなく、なかなか大変ではあります。

マインドセットを変えるにはまず、その自己を返上する必要がある。

想像されるとおり、長年、本来の自己だと思っていたもの、自尊心のよりどころとなっていたものを捨て去るのは容易なことではない。

特に大変なのは、マインドセットを切り替えることによって、それまでずっと恐れていたもの−チャレンジ、苦闘、批判、挫折−を全て受け入れざるを得なくなることだ。

でもすごい効果があることも、確実に変えていけるということも、どっちも実証済みなのでやってみる価値はありますよね。

マインドセットを変えるのは容易なことではないが、変えたのに意味が無かったという人は一人もいません。

僕は結局、自分が今カチカチな考え方をしているか、しなやかなに考えてるかを自分で把握することが大事なんだなぁと思ったので、「毎朝自分に問いかける」という方法をアレンジして、瞑想とミックスさせてみました。

最近買った「サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法」というマインドフルネス瞑想の本を読んで思ったんですが、「マインドセット=自分の考え方のクセ」なので、マインドセットの確認をするのに瞑想はぴったりだと思います。

しなやかマインドセットになるには時間がかかるかもしれませんが、「僕にはできない」みたいな考え方が出てきた時に、「あっ硬直してるな」と客観的に思えるようになっただけでも、だいぶ楽になったので、是非この本は読んで見て欲しいと思います。 

まっ変えれなかったからって死ぬ訳じゃないんで気楽にいきましょ。