シェゲ平の月収172000円ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

like fbm

films,books,music

映画『百円の恋』

映画

ダラシない生活に、ダラシない髪型に、ダラシない体型で、見ていて不快で、生理的に無理で、気持ち悪いとさえ感じてしまう女性が主人公の、素晴らしい映画を見つけた。

『百円の恋』だ。

 

この映画の魅力はとにかく、安藤サクラ演じる主人公の「一子(かずこ)」だ。安藤サクラの存在感がすごすぎて、俳優としての本物感がすごいあの新井浩史ですら、演技がクサく見えてしまったほどだ。「狩野」を演じる新井浩史はいつも通り最高なんだけど、安藤サクラの迫力のせいだ。

あらすじ
不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。                          引用元:映画.com

 

一子が100円ショップでバイトを始める時には、それまでさんざんダラシないところを見せられているので「ちゃんとバイトできるのか?」と不安になってしまう。

しかし、以外に素直に働く。

 

憧れている人がいたり、その人とデートの時には気合いれたり、一子が女らしい面も見えてくる。

 

100円ショップのバイト仲間のお喋りなおっさん(このおっさんはボコボコになるまでぶっ飛ばしたい)がしつこくても無視をするだけで、文句は言わない。

 

廃棄の弁当を裏口からこっそり取りに来る元従業員のおばちゃんになぜか好かれる。

新しい店長は、「決まりだから」を口ぐせに、日頃のストレスをはらすかのように、おばちゃんにお弁当を渡すのを極端に嫌がり、一子にも「絶対に渡すな」とクギをさす。でも一子はこっそりとあげる。

 

ボクシングに打ち込む一子。キツイトレーニングでも何も言わない。嫌なことが起こるたびに、吹っ切るためにシャドーボクシングをする。

 

映画が進むにつれて、一子が大好きになっていく。最初は「気持ち悪い」という印象しかうけなかったのに。

 

見ているのが辛いほどひどい事件やひどい失恋が一子を襲う。とても辛かったはずだ。

でも一子は一度も誰かを責めない。自分も責めない。静かに、たんたんとシャドーボクシングをする。

 

一子を人として尊敬してきてしまう。

 

演じた安藤サクラのことも大好きになってしまった。

『愛のむきだし』という映画で新興宗教団体の幹部を演じているのを見た時にも、不気味さと迫力にたじろいだが、『百円の恋』での演技もすさまじい。

・ボクシングの動き(ジャブ、左フック、フットワークなど全て)

・体型変化

・顔力

など全てがすごい。

菅田将暉ぐらい様々な映画に出てくれたら嬉しいなと思う。

 

「気持ち悪い」から始まって、「大好き」になっていく主人公なんてなかなかいない。最高な映画だった。

Amazon - 百円の恋 [DVD]