シェゲ平の月収172000円ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

like fbm

films,books,music

映画「エスター」 と僕がホラー映画に向いていない理由

 

昨日とうとうずっと気になっていたけど、怖くて観れなかった「エスター」を観ました。
 
僕の感想を言わせてもらうと、

 

 
 

めっちゃイライラしました。

 
 
これが僕がホラー映画に向いてないところなんですけど、ホラー映画って、めっちゃイライラするやつ多くありません?
 
 
ホラー映画観る時ってやっぱりドキドキを求めて観るんですよ。
怖がらせてドキドキさせて欲しい。
 
 
でもドキドキのさせ方が「ズルい」のが多くてイライラしちゃうんですよ。
 
 
僕が思うズルいホラー映画の例を具体的に3つあげます。
 
 

スポンサーリンク

 

 
 
 1.幽霊なりサイコな人なり主人公を脅かす存在が強すぎる。
 
 
僕はけっこう主人公に感情移入して映画を観るんです。
だから主人公がめっちゃ頑張ってんのに、幽霊とか、今回のエスターで言うとエスターちゃんが強すぎると「こんなの勝てるわけないよ!ズルいよ〜ズルいよ〜!!」と連呼しちゃうんです。
エスターちゃん人殺したり、ハンパない悪いことガンガンするんですけど全くバレないですからね。
 
 
 2.主人公と周りの人がバカ過ぎる
 
 
エスターもそうですけど、「こんなバカなやつらが偶然集まってること自体がホラーだわ!ズルいよ〜ズルいよ〜!!」となってしまうんですよね。
色々と超常現象が多発したり人が死んだりしているのに、何も疑わない間抜けがいたり、危険を察知した主人公の話を全員が全員信じなかったり。
あきらかに幽霊が襲ってくる空気なのに、あえて暗くて人がいない所に主人公が行くシーンとか一回は観たことありません?
もう「感情移入したおれが恥ずかしいわ!!」ってなっちゃうんですよね。
 
 
 
 3.ただ驚かす
 
 
 
これは演出の話なんですけど、意味もなくただ驚かしてくる場面ってめっちゃ腹立つんですよ。
 
例えば、不穏な音がブワ〜と鳴っていて、ドンドン音量が大きくなっていって、画面は主人公の背後のアップになっていく。
そして音量が一番大きくなった瞬間に主人公が振り返る!!
しかしそこには何もなかった…
 
 
「はっ?」ですよね。
 
音でドキドキさせるフェイント。
これはズルすぎ&シラける。
 
「あー確かにドキドキしたさ!!
でもなぁ!!こんな驚かし方小学生でもできるからね!!
プロの仕事とはとても思えんよ!!
クビだよ!!君はクビだー!!」って叫んじゃいますよ。
 
 
 
 
こういう要素のあるホラー映画はイライラしちゃうんです。
 
 
でもそのかわりこれがないホラー映画はめちゃくちゃ好きです。
 
 
「ミスト」とかめちゃくちゃ面白かったなー。
 
 
 
ってことで「エスター」なんですけど、イライラする要素が完璧に入っていてムカついたんですけど、なんだかんだ最後まで観ちゃうくらい、エスターちゃんすげー怖いし、最後の驚きの展開っていうのも確かに驚かされたし、ドキドキさせてもらいました。
友達と観て「エスターちゃん超怖い〜!!!」とか盛り上がりながらならもっと楽しめそう!
 
 
「エスター」観たことある人の感想や、おすすめのホラー映画をコメントしていただけたら嬉しいです。