シェゲ平の月収172000円ブログ

RADWIMPS・野田洋次郎のソロ『illion』がもっと評価されないと嫌だ、という話

 

RADWIMPSの野田洋次郎のソロプロジェクト『illion』。

RADWIMPSとは違う野田洋次郎のアーティスト性全開の曲が聴けて大好きなんですが、RADWIMPSに比べると全然話題になっていないので、「もったいないなぁ」と思っています。

RADWIMPSはもちろん大好きですが、バンドという形態なので、野田洋次郎一人の才能は少し控えめになっていると思うんです。

もちろんそれが悪いことではなく、野田洋次郎一人では作れない素晴らしい曲を大量に聞かせてくれているので最高なんですが、野田洋次郎の才能はそれだけじゃもったいないだろうとも思うんです。

 

野田洋次郎の才能爆発

現在までにillionは2枚のアルバムを出していますが、まずはillion名義の一発目の楽曲、2013年に世界9カ国でリリースされた「BRAIN DRAIN」を聞いてください。 

 

 

すごすぎる。

野田洋次郎はクラシック音楽的な才能も持っている。「君の名は」でも証明されたことだけど、それこそ久石穣と似たような才能がありますね。

またこの「BRAIN DRAIN」はサザンオールスターズの桑田佳祐が自身のラジオの中で発表した2013年の「洋楽ベスト20」のコーナーで1位に選んでいて、あの桑田佳祐に、

「もうね、ずっと聞いていたいです。すんごいよこの曲。最高の曲。私は引退します。これやられたら出る幕ないよ。野田洋次郎日本帰ってくるな。」
とまで言わせた曲です。

年齢的にはおっさんなのに、こんな新しい斬新な音楽に反応するアンテナがあって、さらに自分より全然若い人の才能を素直に認めて褒められる桑田佳祐もかっこいいなと思う話です。

 

どうしても聞いて欲しいillionの3曲

ファーストアルバム・セカンドアルバムともに素晴らしいです。しかし、その中でも特に好きで誰かに聞いて欲しくて仕方がない3曲を紹介します。

 

ESPECIALLY

まずはファーストアルバムから『ESPECIALLY』。

 

 

ESPECIALLY」とは「特に」という意味の副詞で、始まりから「特に君が笑顔を浮かべる時、それは奇跡みたいなんだ」と「特に」が入ったことで独特になった歌詞が、優しくて暖かいけど、切なさを感じる美しい曲に乗せて歌われていきます。

僕はこの曲を聴くと晴れた日の草原を思い浮かべます。蝶々なんか飛んでる感じの平和な草原。そこに青年が一人で座っているイメージです。そのイメージが大好きでまた思い浮かべたくてこの曲を聴くという感じ。

印象的なギターの音はもちろん、オーガニックなドラムの音も途中で鳴る笛の音も全部が優しくて切ない音で作られているところが、楽器は違えど、CHARAの「スワローテイル」を思い出します。

 

 

切なさのある曲ってなんでこんなに聴くのをやめられないんでしょうね。

 

(↑これがファーストアルバムです)

PLANETARIAN

次もファーストから。『PLANETARIAN』です。

 

なぜか子供の時を思い出してしますような、ノスタルジックでキレイなピアノから始まる曲です。

LIVE映像を観ていただけたらわかるように、美しさがありながらとても楽しく無邪気に踊れる曲です。

無邪気な曲に感じるのはリズムと少しコメディーチックなギターの音が要因だと思います。2:32からのギターソロは日本の祭りのようです。

歌詞は100年後の人類(または異星人)達に語りかけている面白いもの。

塩と砂糖は二段目の引き出しにあるよ

あと足下には使用済み核燃料もある

と皮肉とシャレが効いている部分も大好き。

 

美しさと子供っぽい無邪気さが同居するアーティストというとSigur Ros(シガー・ロス)が思い出されます。

 

illionの曲の中にはなかなかハードでRadiohead的な暗さを持った曲も多数あるのですが、そこらへんもSigur Rosと近いですね。

普通の人は見て見ぬふりをしてしまう、世界のとんでもない暗さや悲しさを敏感に感じてしまうタイプのいわゆる「アーティスト」気質な野田洋次郎やSigur Rosのボーカルjonsiが作る、楽しく美しい音楽は、どんなに明るくてもそこに切なさがあってグッときてしまいます。

ちなみにですけど、このSigur Rosの「Hoppipolla」という曲が僕が今まで聞いた全ての曲の中で一番好きな曲です。

 

この曲が収録されている「Takk..」というアルバムがとんでもないので、未聴の方はなんならillionより先に、こちらをがっつり聞いて欲しいです。笑

 

(さらにちなみになんですが 、このアルバムが僕の一番好きなアルバムジャケットです)

 

WATER LILIY

最後はセカンドアルバムからWATER LILIYです。

正直、この曲をどうしても色んな人に聞いて欲しくて今回の記事を書きました。

 

初聴の方、いかがですか?素晴らしすぎませんか?

この曲の再生回数が40万回足らずって、ミュージシャンでもなんでもない月収17万の分際の僕ですら日本の音楽文化を嘆きたくなってきます(照

出だしの音とメロディーが少し暗く感じるぐらいに抑えられていますが、そこに不思議な温かみがあって、ぬるめの水の中に浮いているような気持ち良さがあります。

しかし1:03秒からリズムが入ってくることで先ほど紹介した『PLANETARIAN』同様、踊れる曲になり出します。しかし暖かさと気持ち良さは持続したままです。

そしてサビでは、

行かないでと言わないでよ

行かないといけなくなる

泣かないでと言わないでよ

泣かないといけなくなる

君の名前を叫びたいだけなのに

と、 天邪鬼で純粋な気持ちが歌われます。これがまたすごくいい。

曲は終盤4:25秒から女性とのコーラスに入り、どんどんと曲は盛り上がっていきます。フリースタイルダンジョンをはじめ最近特に注目が高いラップバトル。そのラップバトルファンも気持ちよくなれるくらい韻もふみまくりです。

そして4:56秒、いよいよ僕が大好きなこの曲のクライマックスに突入します。

初めてこの曲を聞いた時このサウンドと歌詞を聞いて一気に大事な曲になりました。

僕らどこへでも行けると

調子のいいことでも言おう

君が笑ってくれたなら 儲けもんだ 儲けもんさ

 

僕ら何にでもなれると

とびっきりの嘘でも言おう

君が呆れてくれるなら 儲けもんだ 儲けもんさ

この歌詞がたまらなく好きです。ふわっと胸の中が軽くなる。 

「僕らはどこへでもは行けない、何にでもはなれない」と言っているので、一見後ろ無きな悲しい歌詞にも感じます。

しかしこの歌詞からは地に足のついた、ささやかな希望を感じます。

「無理なものは無理」だと認めた上で、それにささやかな希望を乗せて調子よく君に伝え、せめて笑ったり呆れたりしてくれるのなら儲けものだという心構えがすごく気持ちがいい。

すごい上を目指して頑張るのも素敵だけど、このささやかだけど確かな幸せを感じていくのもいいもんだと思う。

 

 

 

終わりに

今回は僕のイメージや解釈を色々と書いてしまいましたが、聴く人によって様々な印象を受ける曲がillionのアルバムにはあるので、本当に聞いてもらって一緒に話しをしたいです。

 illionがRADWIMPSぐらいの知名度になってくれると嬉しい。