【ハワイ島おすすめスポット③】サンセット&星が見えすぎる絶景『マウナケア山』

スポンサーリンク

前回のイルカと泳いだ記事の続きです。

ハワイ島2日目① 野生のイルカと泳ぐ - 読めるブログ


ハワイ島2日目は、午前中にイルカと泳ぎ、午後からはマウナケアという、ハワイ島で一番高い山の頂上でサンセットと星空観測をしに行くツアーに参加しました。

 

4205mの巨大な山「マウナケア」

 

f:id:yoheitech:20170207225226j:plain
(マウナケア頂上で撮った写真)

 

マウナケアは標高4205mの巨大な山です。

この富士山より500mぐらい高い山の頂上まで、車で行けてしまえるのが嬉しいところ。

 

この場所へ行くことは、何年も前からの憧れでした。

きっかけは、おぎやはぎさんのラジオ「メガネびいき」で、小木さんがマウナケアの話をしているのを聞いてからです。

 

小木さんがマウナケアの頂上に着き、車から降りて空を見上げた際に、

 

星が見えすぎて恐ろしくなって、もう一度車に戻った

 

というとんでもない感想を話していました。

それを聞いて以来、どうしても行ってみたかった場所に今回行ってきました。

 

POINT

マウナケアには初めはレンタカーで行こうと思っていました。

 

しかし、「舗装されていない荒れた山道を登るから、安いレンタカーで行くのはやめておいた方がいい」という話をネットでたくさん見かけたので、ツアーに申し込むことにしました。

 

(後述しますが、レンタカーで行かずにツアーに申し込んで本当に良かったです)

 

 

マウナケア頂上までの道のり

イルカと泳いだあと、ホテルで三時間ぐらい休憩しました。

そして迎えに来てくれたガイドさんのバスに乗り込み出発。

 

f:id:yoheitech:20181227161039j:plain

 

まずは他のツアー参加者の方々を、それぞれのホテルに迎えに行来ます。

 

皆さんヒルトンやフォーシーズンズなど、僕の泊まったロイヤルコナホテルの2~3倍ぐらいする値段の場所だったので、ホテルを見ているだけでも楽しかったです。

 

f:id:yoheitech:20181227161138j:plain

(ヒルトンホテルのフロントから見た景色。楽園か。)
POINT

①フォーシーズンズやヒルトンホテルのあるワイコロアという場所は地域全体がとても綺麗です。

f:id:yoheitech:20190220034221p:plain

 

②クイーンズマーケットという、レストランやお土産屋が揃った素敵なショッピングセンターもあります。

僕みたいに違うホテルに泊まっている方でも観光に行ってみると楽しいと思います。

 

③ヒルトンホテルのフロントに入ってみるだけでも、ホテル内なのに電車や船が走っていて華やかで感動しますので是非。

f:id:yoheitech:20190220034615j:plain

 

 

まずはオニヅカビジターセンターへ

ツアー参加者が全て揃ったら、まずは『オニヅカビジターセンター』という、マウナケア山の標高2800mにある休憩施設へ向かいます。

 

というのも、いきなり4205mもあるマウナケア山の頂上に行ってしまうと、高山病になってしまうからです。

体を高所に慣らすために、休憩もかねて寄ることになります。

オニヅカビジターセンターまでの道

向かう道中の景色も、ハワイ島ならではの溶岩がある独特の景色で見ていて飽きませんでした。

 

f:id:yoheitech:20181227160944j:plain

f:id:yoheitech:20190126021644j:plain

 

途中で、マウナケアの入り口付近にあるパーキングに寄りました。

その時点ですでに雲の高さの位置に来ていて、ハワイ島のスケールのでかさに感動します。

f:id:yoheitech:20190126022206j:plain

f:id:yoheitech:20190126022106j:plain

 

そしてパーキングから少し走るとオニヅカビジターセンターに到着します。

f:id:yoheitech:20190126021834j:plain

(パーキングから出て少し走った所で虹が見えました。「虹を見るとまたハワイに戻って来れる」という言い伝えがあるらしく、見れて嬉しかったです。)

オニヅカビジターセンター到着 

オニヅカビジターセンターに到着すると、お弁当と暖かいお味噌汁が配られて、1時間半くらいの休憩になります。

 

f:id:yoheitech:20190204222023j:plain

 

f:id:yoheitech:20190204222040j:plain

 

曇っていたので夕日と星が見えるか心配でした。

しかし、ガイドさんが「上は晴れている」という情報を伝えてくれたので一安心。

 

ご飯を食べた後は、ビジターセンターの中にあるお土産屋さんで買い物をしたり、シルバーソードというハワイ諸島でしか見れない植物を見たりして1時間があっと言う間です。

 

f:id:yoheitech:20190219000305j:plain

(シルバーソード。日本名は「銀剣草」。)

 

POINT

 

①オニヅカビジターセンターまでは、レンタカーでも特に無理なく行くことができます。僕も後日レンタカーで行きました。

ここからでも十分な星空が見えるので、予定や予算の都合で頂上へは行けないという方は、ここからのんびり星空を眺めるのも素敵だと思います。

 

②ただしすごく寒いので、ビジターセンターから星を見る場合でも、厚手の服が上下必要です。

 

頂上へ出発

オニヅカビジターセンターを出発したら、雲の上に出ている道を走って行きます。

 

f:id:yoheitech:20190308221016j:plain

 

観たことのない素晴らしい景色が続くので、ずっと写真を撮っていたくなります。


f:id:yoheitech:20190308221103j:plain

 

しかし景色は素晴らしいですが、道の狭さと荒れ具合を見ると、「自分で運転はしたくないな」と感じました。

f:id:yoheitech:20190309004717j:plain

(高所でガードレールもないので恐ろしい)

スタックしてしまい動けなくなっている車もいたので、無難にツアーに申し込んだ方が良さそうです。

 

そして1時間近く走り、いよいよ頂上が見えてきます。

 

POINT

 

①標高がどんどん高くなり、酸素が薄くなっていきます。

ですので、少し息苦しさを感じる時がありました。

その時は、ゆっくりと深呼吸をすると楽になったので、頻繁に深呼吸をしましょう。

 

②また、水分を取ったり甘いものを食べると体がスッと楽になりました。

1リットルの水と、クッキーやチョコレートの大袋を買って行くと良いです。

(頂上にはトイレがあるので怖がらないで水分を取ってくださいね)

 

③どうしてもレンタカーで行くならば、4WDの車を借りた方がいいと思います。

しかし頂上へ向かう道は、対向車とすれ違う際に、スレスレな場所も多い悪路です。

なので、できればツアーの方が安心です。

4WDのレンタカーは結局値段も張りますしね。

 

4205mのマウナケア頂上到着

いよいよ頂上です。

天体観測の施設が沢山あります。

 

f:id:yoheitech:20190309002437j:plain

 

日本の国立天文台『すばる』も。

f:id:yoheitech:20190309002504j:plain

 

頂上からの景色は、雲海の白&土の茶色、そして地上より4000mも宇宙に近くなり、色が濃くなった空の青のコントラストが鮮やかで、現実の世界ではないみたいでした。

f:id:yoheitech:20190309004912j:plain

頂上にいる間、「自分は今すごい場所にいる」と、ずっと実感していました。

 

ちなみにトイレは女性用が2つに男性用が1つでした。

f:id:yoheitech:20190309020614j:plain

 

POINT

 

①実はこの場所は正確な頂上ではなく、本当の頂上はこの場所のすぐ隣にあるこのふくらんでる部分です。

f:id:yoheitech:20190309015807j:plain

(赤く染まっていて本当にキレイだった)

しかし、本当の頂上は現地の方達の中では神聖な場所らしいので、現在立ち入り禁止になっています。

f:id:yoheitech:20190309020758j:plain

 

けっこう登っちゃってる海外の人達も多かったけど...

f:id:yoheitech:20190309020959j:plain

 

登っちゃってた方達には、「その人を知りたければ、その人が何について怒るかを知れ」というミトさんの名言を知ってもらいたいので、ハンターハンターを全巻送りつけましょう。

 

 

 

サンセットを見る

頂上で異世界のような景色に見とれているうちに、どんどん日が沈んでいき、ついにサンセットです。

f:id:yoheitech:20190316022922j:plain

 

雲の上から夕日が沈むのを見るという貴重な経験。

 

一面の雲がすべてオレンジになるのは壮観でした。

f:id:yoheitech:20190316024929j:plain

 

日が沈むと、さっきまでの現実離れした景色がだんだん見えなくなり、真っ黒になっていく切なさと寂しさも感じます。

マウナケア 星空 夕陽 サンセット ツアー

(みんなが下山して行くのを見ると更に寂しい気持ちになる)


この切ない気持ちを味わえるのも、サンセットの醍醐味ですね。

 

そして完全に暗くなったら、次はいよいよ一番楽しみにしていた星空観測です。

 

チェックポイント

 

日が完全に沈む前の、夕暮れ時はシャッターチャンスの連続です。

絵になる写真がいくらでも撮れて嬉しくなってしまうほど!

 

f:id:yoheitech:20190316030324j:plain

(①マウナケアの夕暮れ時)

f:id:yoheitech:20190316030359j:plain

(②マウナケアの夕暮れ時)

f:id:yoheitech:20190316030928j:plain

(③マウナケアの夕暮れ時)

ですので良いカメラを持っていくのがおすすめ。

もちろんスマホでも十分な写真が撮れます。

しかし、薄暗い夕暮れ時や、暗くなってから星空を撮影するには、一眼レフやミラーレスカメラの方が、断然良い写真が撮れます。

 

f:id:yoheitech:20190316024702j:plain

④マウナケアの夕暮れ時

 

ミラーレスカメラならば、中古品でレンズ付きの性能が良いものを2~3万円で買えるので、「せっかく行くなら良い写真を残したい」という方は検討してみてもいいと思います。

 

 

 

僕も今回の写真は全て、SONYの『α6000』というミラーレスカメラで撮影しました。

 

yohei.hatenadiary.com

 

レンズは『Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS』というものです。

 

 

ツアーで借りられる防寒ウェアが鬼ダサです。(笑

f:id:yoheitech:20190316034934j:plain

 

撮影している様子を、彼女がかっこよく撮ってくれたのですが、服がダサいんで何してもダサいです。上オレンジに下赤って。

 

ですので、どうしてもかっこいいウェアで記念写真を撮りたい方は、日本から自前のウェアをスーツケースに詰めて行く、というなかなかのハードルを頑張ってクリアしてください!(笑

 

星空観測

日が沈みきったあと、頂上から少し下った星空を見やすいポイントに移動。

いよいよ憧れていた星空です。

 

f:id:yoheitech:20170207225226j:plain
(マウナケアの星空)

 

小木さんの言っていたことは、決してオーバーではありませんでした。

星が本当に見えすぎです。

 

天の川をこんなにハッキリと見たことはなかったので、最初「雲があるのかな?」と思ってしまったほどでした。

流れ星や人口衛星の動いている光もバンバン見えます。

 

f:id:yoheitech:20171004171234j:plain

 

そしてガイドさんが、超強力なレーザーポインターで星を指しながら、星座の説明をしてくれました。

 

星座に興味はなかったけど、教科書の挿絵のようにハッキリと見えている状態で、星座にまつわる話を聞かせてもらうと、なんだか感動してしまいました。

 

この星空は、ハワイ島に行く方全員におすすめしたいです。

 

 

POINT

 

①星空をキレイに見るには、月が欠けていれば欠けているほどいいです。

なぜなら月が満ちてしまうと、月の明るさが邪魔をしてしまい、見える星の数が減ってしまうからです。

 

ですのでマウナケアに限らず、星を見に行くときは月が欠ける日を狙って行きましょう。

 

僕は↓この月齢カレンダーを使って、月が薄いタイミングを狙って行きました。 

f:id:yoheitech:20190319033601p:plain

 

月齢カレンダー

 

星空を見に行く際は、天気だけでなく、月の満ち欠けにも注意してくださいね。

 

②ツアーに申し込んで本当に良かったのは、この素晴らしい星空をバックに、キレイな記念写真を撮ってくれたことです。

 

f:id:yoheitech:20190319041006j:plain

 

星空を撮影するだけならば、撮り方を勉強して、何回か試し撮りを繰り返せば覚えることができます。

 

 

しかし、星空と人物の両方を一枚の写真でキレイに撮るのはかなりコツが必要。

 

そこらへんも毎日同じ場所で記念写真を撮り続けている、ガイドさんに撮影してもらったことで安心できたし、簡単だったので嬉しかったです。

ツアーで行った大きなメリットでした。

 

最後に

次回はハワイ島3日目に、ここも8年間憧れていた場所「サウスポイント」に行った話を書かせてもらいます。

 

前回までのハワイ島の記事はこちら↓

 

yohei.hatenadiary.com

 

yohei.hatenadiary.com