【厳選】日本にもスラム街があった!?ハードな環境から生まれたラップグループBADHOPの超おすすめの7曲

スポンサーリンク

f:id:yoheitech:20181117004655j:plain

先日武道館LIVEを成功させ、名実共にスーパーラップグループ となったBADHOP。

 

フリースタイルダンジョンなどのラップバトルブームもあって、ようやく日本でも火が突き出したHIPHOPだけど、その中でも際立ってすごいのは、前の記事で紹介したKOHHと、BADHOPだと思う。

 

海外のラッパー達と日本のラッパー達の違いは、技術どうこうよりも、「日本は平和」というところがあると思う。

アメリカのスラムなどのハードな環境で育ったラッパー達の言葉を聴くのになれてしまっているとそこにギャップを感じることがある。

それは国柄だから仕方がないと思っていたけど、川崎出身のBADHOPだけは全然違った。

この動画を見てもらえばよくわかります。

 

 

 

とんでもない環境で育ってきていることがわかって、日本でもこんな場所があったのかと思う。

 

そして、そんなハードな環境出身の同級生達が8人ともラップがめちゃくちゃ上手いっていう奇跡みたいなグループで、それが更にすんごい若さでゴリゴリのHIPHOPで武道館ライブを成功させてしまったんだからもうすんごいどころか超すんごい。

 

そんな、この人達のおかげで日本でラップがメインストリームになってしまうと思う勢いのBADHOPの中でも特におすすめの曲を8曲厳選したので、是非聞いて欲しいです。

 (紹介している曲はプライム会員の方ならAmazonミュージックで全て無料で聞けます)

 

 

 

Kawasaki Drift

 

 

まずはこの曲。

どう考えても日本トップのラップグループになることは決まってたところから、この曲のMVが発表されて、更にもう一段上に行ったと感じたすさまじいクオリティの曲。

今日本にあるHIPHOPの曲で、かっこよさで言ったら一番だと思う。

メンバー8人が全員ラップしているので、全く飽きないでずっと聞ける。

 

先頭のVingoさんのリズム感の良さとスピード感。

2番手、G-Kidさんの言葉数少なく重みのあるラップ。

3番手、Yellow Patoさんの迫力のある声。

4番手、Barkさんの低いトーンと日本語感が少ない新鮮なフロウ。

5番手、Tiji Jojoさんのフックのフロウのキーを上げたオシャレな出だしと、メロディアスで気持ちがいいフロウ。

6番手、Benjazzyさんのスーパー激しくて盛り上がるラップ

7番手、T-Pablowさんのラスボス感と「川崎で有名になりたきゃ 人殺すかラッパーになるか」というとんでもないキラーフレーズ。

そして一曲の中で何度も歌われるの全く聞き飽きない最高に気持ちがいいYEZRRさんのフック。

10年後とかにZEEBRAさんの『Street Dreams』みたいに語り継がれる名曲になってること確定の曲なんで、リアルタイムで聞いておきましょう。

 

超好きなフレーズ

粗探しにHaterは必死

おがめときな画面越しに

 

安定なんていらない

叩かない石橋

汚れてる手で欲しいもの全部奪う

ジェンガのよう 金積み上げる

 

早死にしたやつらの供え

手を伸ばす浮浪者と同じDNA

 

これ以外

 

 

 

BADHOPの曲の中でぼくが一番好きな曲がこれ。

トラックの音に温かい音色で沖縄民謡の音階が使われていて、聞いていて優しくて不思議な気分になる。(沖縄旅行の際には必ず聞いている)

そこにYZERRさんの「これ以外 他にやりたいこともないんだ」というHIPHOPに対する気持ちが歌われていて、ジーンときてしまう。

「これ以外」と思えるものを見つけたくなる。

超好きなフレーズ

くだらないことで笑えた時が

懐かしいが戻りたくはない

適当じゃつまらない遊びだけど遊びじゃない

だから熱くなる これがなけりゃおれら何になる?

 

これがなけりゃ屍

生きてった仕方ねぇ

うなだれてる暇はねぇ

辛いなんて今だけ 

 

Ocean View

 

 

めちゃくちゃ夏を感じる曲。

3人のラップとワイザーさんのフックももちろんすごいけど、何よりトラックがキレイすぎる。

夏に合うラップソングには、実は切なさがあって美しい名曲が多い。

The Gameの『Celebration』とか、

 

 

 

Nellyの『My Place』とか。

 

本当にキレイな曲が多くて大好きなんだけど、BADHOPのオーシャン・ビューもそれらに全く劣らない名曲。

日本語でこんな名曲作ってくれると口ずさめるのがすごく嬉しい。

『これ以外』といい、普段はめちゃくちゃハードな曲が多いBADHOPからたまに聞けるキレイな曲が素敵。

なんでこれがオリコンチャートの一位とか取ってないのかが不思議なレベルの名曲。

 

超好きなフレーズ 

ディナー運んでくる

ウェイターもしてるびっくり

タトゥー入れまくり 若いのにいい羽振り

もしかして悪い仕事してる人達?

いや違うよラッパー 横に幼馴染

  

2018

 

 

Vingoさんのリズム感の良さ全開のフックにBenjazzyさんのすごい迫力+高速なラップが聞いてて超気持ちがいい。

音はシンプルだけど、聞けば聴くほどハマっていくスルメ曲。

歌詞通り、2018年を本当に奪ったこともめちゃくちゃかっこいい。

超好きなフレーズ

皮肉だろじっとしてるお前らの

嫉妬のおかげで俺らまた一歩づつ

理想に近づいてくきっと

 

Diamond

 

 

これもすごくキレイな曲。

昔じゃありえなかった、ステージにいる自分達をたくさんのお客さんがiPhoneで撮影している、という光景の到達感が素直な気持ちで歌われている。

でも、「まだ満たされないよ」「今はまだ途中だ」ともっと上を目指していることがわかる歌詞がまたかっこいい。

そしてこの数ヶ月後に武道館Live。

もうハッキリ言って、、、、

 

 

めちゃくちゃ嫉妬する。

 

どの道でかはまだわからないけど、ぼくも上に行きたい。(YEZRRさんはぼくの9コ下です。)

超好きなフレーズ

おれら駆け抜けた

何もない場所から来た

今はまだ途中だ

 

Forget About It

 

 

出だしの「上等だぜ誰も真似できねぇLIFE」から気持ちが良すぎて一発で好きになった曲。

Benjazzyさんの勢いのあるラップはめちゃくちゃくせになる。

この曲と前述の『2018』でBenjazzyさんとVingoさんのコンビがすごい好きになった。

痛快で気持ちがいいのでずっと聞ける曲です。

 

超すきなフレーズ

ダチとゲットー抜けて成功

妬むお前が一番嫌なハッピーエンド

ドラマじみた日々じゃなけりゃ退屈

成り上がりの道にある筈がねえTake2

 

Mobb Life 

 

 

不穏な出だしの音から始まって、YEZRRさんの「掃き溜めからfly この街抜け出し勝つおれらが」という気合いの宣誓から始まる。

仲間達と金を稼いでやるってシンプルな動機をこのクオリティでラップされるとめちゃくちゃかっこいい。

ごちゃごちゃとくだらいこと言ってないでシンプルに行動しないとなって思わされる。

超好きなフレーズ

負け犬周り負け犬だらけ だからそのことすらも気付かね

稼ぐぜ金誰かのため皆んなの笑顔好きな自分のため

ただそれだけだぜ

 

これは予言だある意味

このシーンが一番でっかくなる 

 

いくら積まれても だっせぇオファーを蹴る

代わりにかっけぇバースを蹴る

最後に

もしもラップ・HIPHOPを普段は聞かない人でも、こうゆう時代が変わる瞬間の大事なアーティストの曲は聞いておいた方が楽しいので、おすすめです。

Amazonプライム会員の方ならAmazonミュージックで無料で聞けますのでとりあえず流して聞くだけでもしてみて欲しいです。