『BEASTARS(ビースターズ)』が12巻から爆発的に面白くなってきたぞ!13巻なんて更に最高だ!!

スポンサーリンク

 

ヨウヘイです!

 

前にこのブログで紹介した、めちゃくちゃ面白いマンガ『BEASTARS(ビースターズ)』が、12巻、13巻と更に面白くなってます!!

yohei.hatenadiary.com

 

動物達が人間のように暮らす世界で、動物達それぞれの特徴や本能についての悩みや、「肉食と草食は心からわかりあえるのか」といったような、様々なストーリーがとにかく面白い。

(追記:更に10月からアニメ化も決定!)

check!

今なら1、2巻のKindle版が216円です!

 

だかしかし!!

 

個人的には7巻から11巻までは、少し面白さが下がってきたように感じていました。

 

なぜなら、前述したこのマンガの凄まじく面白いポイント、「様々な種類の動物達が共存していく難しさを描いた日常」が7巻あたりから描かれることが少なくなり、バトル漫画に移行してしまうからです。

ビースターズの12巻からの面白さは異常

もちろんそれでも十分読む価値はあるほど面白い。

けれど、最初の方の面白さに比べたらやや劣っているように感じていた。

 

しかし、主人公レゴシがクラス学園での食殺事件が解決する12巻からは、更に上回る面白さがやってきた!

挽回どころか、もはや卍解!

ビースターズの世界が広がった

12巻からは、『ビースターズ』の魅力である「様々な種類の動物達が共存していく難しさを描いた日常」の描写が更にスケールアップして返ってくる。

レゴシが学園を辞め、外の世界へ飛び出したからだ。

f:id:yoheitech:20190411181841p:plain

レゴシ社会人編に突入。

 

 

これによって学校内だけでなく、『ビースターズ』更にたくさんの動物達の悩みが観れるようになり、ヒューマン(?)ドラマとしての、幅が広がった。

 

会社で肉食獣からのいじめに悩む羊や

f:id:yoheitech:20190411181940p:plain

 

f:id:yoheitech:20190411181958p:plain

ブラック労働させられる牛達

f:id:yoheitech:20190411182223p:plain

 

毒を持っているため差別されるコモドオオトカゲ

f:id:yoheitech:20190411182303p:plain

「こうゆうのが見たかったんですー!!」って歓喜しました。

学園内だけでは描かれなかった、街での「種族間の壁」を、作者の凄まじい動物の知識と想像力で描いてくれています。

もう先が気になって気になって仕方がない。

 

そして更に思ったことは、一旦バトル漫画に移行して良かったんだ!ということです。

電子書籍

一旦バトル漫画化したことも正解だった

 

更にスケールアップした動物達の人間(?)模様に加え、主人公のレゴシが一回壮絶バトルと修行を経験していることで「悪いやつを実はめちゃくちゃ強いレゴシが成敗してくれる」というワクワクするポイントも追加されました。

 

物語の深みと戦い。

その両方が備わったマンガになったので、「HUNTER×HUNTER」や「ワンピース」などの名作マンガと同じ武器を手に入れたことになります。

作者の板垣巴留(いたがきばる)さんすごい!!

まとめ

『ビースターズ』の12巻、13巻の面白さはとにかく異常なほどなので、まだ未見の方は是非!!

現在1巻と2巻が216円ですのでこの試してみてください!!